抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)

商品概要

抑肝散(よくかんさん)は、文字どおり、肝気の興奮を抑え、鎮静させる効能に基づいてつけられています。抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)は、抑肝散に陳皮と半夏を合わせた漢方薬です。
神経がたかぶり、怒りやすい、イライラなどがあるものに用い、また、かんの強い小児にもおすすめです。

生薬独特の味が苦手な人にもおすすめの、溶けやすい顆粒状の漢方薬。スティックタイプで携帯にも便利です。

効能・効果

体力中等度をめやすとして、やや消化器が弱く、神経がたかぶり、怒りやすい、イライラなどがあるものの次の諸症状に。

  • 神経症
  • 小児夜泣き
  • 不眠症
  • 小児疳症(神経過敏)

相談すること

次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談してください。

  1. 医師の治療を受けている人
  2. 妊婦又は妊娠していると思われる人
  3. 胃腸の弱い人
  4. 今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人

抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: ぐずり・夜泣き・かんの虫

  2. ピンバック: 漢方薬一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です