防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

商品概要

防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)は、漢方の原典である「金匱要略(きんきようりゃく)」に記載されている漢方薬です。汗かきで疲れやすく、色白で、太りぎみの人の肥満症、多汗症、むくみ、関節炎(関節に水がたまりやすいもの)などに用いられます。また、このような症状をともなう腎炎やネフローゼにも適応します。体の中の水分循環を改善して、疲れや痛みを和らげます。

一元製薬の漢方製剤 錠剤 防已黄耆湯 は、防已黄耆湯から抽出したエキスよりつくられた、神経痛・関節痛や水毒による『むくみ』に優れた効き目のある、服用しやすい錠剤のおくすりです。

効果・効能

色白で疲れやすく、汗をかきやすい傾向にある人の次の諸症状

  • 肥満症(筋肉にしまりのない水太りタイプ)
  • むくみ
  • 関節炎
  • 関節リウマチ

用法・用量

次の量を、1日3回、食事の1時間前にお湯で服用します。
大人・・・1回に6錠
7~13歳・・・1回に3錠

注意

次の場合は、直ちに服用を中止して医師または薬剤師に相談してください。

  • 皮膚…皮ふ・・・発疹・発赤、かゆみ
  • 消化器・・・食欲不振、胃部不快感

また、まれに下記の重篤な症状が起こることがありますので、その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

重篤な症状とは

  • 間質性肺炎・・・せきを伴い、息切れ、呼吸困難、 発熱等があらわれる。
  • 肝機能障害・・・全身のだるさ、黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)等があらわれる

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 更年期障害を漢方で改善

  2. ピンバック: 漢方薬一覧

  3. ピンバック: 汗かきでのぼせやすくイライラする人に | 減塩食にチャレンジ - 高血圧を改善する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です