貧血

貧血とは、血液中の赤血球の数やヘモグロビンが不足することで起きる症状です。貧血は、特定の栄養素が不足することで症状が出る場合や、なんらかの病気が原因となって症状が出る場合があります。貧血になると疲労や動悸、息切れ、頭痛、目まい、粘膜からの出血などの症状があらわれます。しかし、原因によっては緩やかに進行するものもあるので自覚症状がわかりにくいことがあります。

ヘモグロビンは、赤血球の中にある成分のひとつで、鉄分が主要な成分です。このヘモグロビンには全身に酸素を運ぶ大切な働きがあるのですが、なんらかの病気によってこれが減ることで、細胞に行き渡る酸素が減ってしまい、目まいや動悸、息切れなどが症状としてあらわれるといわれています。

貧血にはいくつかの種類がありますが、その中でも多いのは、ヘモグロビンの重要な材料のひとつである鉄分が不足することによる、鉄欠乏性貧血です。鉄欠乏性貧血は体内の鉄分が不足することで起こるので、生理や出産時の出血、妊娠・授乳期に増える鉄の必要量などがあるため、女性に多く見られます。また、ダイエットをおこなって栄養バランスが乱れることもあり、女性には、成長期から更年期まで貧血になりやすい条件が揃っているのです。

そのほか、血液をつくる過程に不具合をきたす再生不良性貧血や、血液を過剰に壊してしまう溶血性貧血などがあります。さらに、癌や肝硬変などほかの病気の影響で貧血になってしまう二次性貧血もあります。

私たちの血液は骨髄(こつずい)でつくられますが、骨髄に存在し血液のもととなる細胞が減少することによって、再生不良性貧血が起こります。赤血球や白血球、血小板も減少するため、免疫力が低下したり、出血しやすくなったり、出血した血液が固まりにくくなります。この再生不良性貧血は100万人に数人がかかるというまれな病気で、国の難病に指定されています。

溶血性貧血というのは、血液を生成する赤血球の膜が通常よりも早く壊れ、ヘモグロビンが流れ出てしまうことが原因で起こります。赤血球にも寿命があるのですが、それが通常の10分の1程度に短くなってしまうのです。特徴として、一般的な貧血の症状のほかに、黄疸がみられます。これは、「ビリルビン」という黄色い色素の増加による影響です。

漢方薬で貧血を改善する