うつ病

私たち人間は誰でも憂鬱(ゆううつ)になることがありますが、それが病的に激しくなってしまうのが「うつ病」です。

うつの状態になると、特に原因もないのに物事に対してのやる気がなくなり、気分が落ち込み、何をしても楽しめなくて次第にいきいきとした感じがなくなってしまいます。食欲もわかないようになり、やがては劣等感や絶望感におそわれるようになります。そこに、不安や不眠、便秘などの症状も加わって、1日中ぼんやり過ごすことも多くなったりします。さらにひどくなると、極端に虚無的な感情に支配されてしまい、真剣に自殺を考えるようになります。

脳の機能に障害が起きていることから、さまざまな事を否定的に考えるようになり、自分はダメな人間なんだと思ってしまうのです。

うつ病になりやすいのは、融通がきかないほど真面目過ぎで律儀で、少しのことも妥協できないようなタイプの人ですが、一方では、優しく温和で他人とのつき合いも良いという社交的な面があります。また、遺伝的な素質も関係しています。

厚生労働省がおこなっている調査では、日本ではうつ病を含む気分障害のある人が、近年急速に増えているといいます。特に中年の社会人にうつ病にかかる人が増えていて、自殺の大きな原因にもなっているようです。

朝の目覚めが悪くて午前中は何もやる気になれないけれど、午後になると調子が良くなって、夕方から夜になるとすごく元気になる、というような人は、うつ病の初期と考えられます。

漢方薬でうつ病の症状を改善する

神経症の場合、心に何か痛みとなる原因がありますが、真性のうつ病でははっきりとした原因がわかりません。漢方では症状をみるので、この2つを区別して考えません。次のような処方が考えられます。

  • 半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)
    神経質で生真面目な人で、神経症や不安感、不眠症に使用します。胸部の圧迫感、動悸、めまい、のどが詰まったような感じがして声が出にくいなどの症状を伴うときに向いています。
  • 加味逍遥散(かみしょうようさん)
    せっかちで気分の変動が多い人で、イライラや頭痛、便秘気味、不眠、肩こり、冷え症、更年期障害などのある女性に多く処方される漢方薬です。
  • 柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
    体格がよくて体力のある人に向いています。みぞおちの辺りの張りを伴う様々な精神神経症状、精神不安、不眠、高血圧、のぼせ、イライラ、動悸などがある人に使用します。