のどと口の病気」カテゴリーアーカイブ

歯周病

歯周病(ししゅうびょう)とは、歯を支える周りの組織に起こる病気のことです。歯肉炎や歯周炎など、炎症から起こるさまざまな症状の総称として、歯周病と呼びます。そして、歯周病は大切な歯を失う大きな原因になります。

歯周病になる人の数は非常に多く、日本人は40歳以上になると約9割の人がかかっているといわれる、とても身近な病気です。

歯周病の後期には歯周病が最も進行した歯槽膿漏(しそうのうろう)の状態になります。歯槽膿漏になると、歯ぐきから血や膿(うみ)が出たり、ひどい口臭が発生したり、歯がグラグラしてきます。そのまま症状が進行してしまうと、やがては歯が抜けてしまう可能性もあるのです。

大きな原因となるのは、やはり、口腔内の汚れです。汚れた口の中をそのままにしておくことで、歯石(しせき)が歯ぐきを刺激して炎症を起こし、化膿菌が感染して起こることが多いのです。歯石というのは歯の象牙質に付着した歯垢(しこう)に唾液中の石灰塩が沈着してできたもので、歯みがきをして汚れを落とすことが大切になります。

はじめのうちは歯が浮いたような感じがしたり、歯をみがいたときに少し出血する程度で、歯そのものの痛みはありません。しかし、進行すると歯ぐきが赤く腫れていたり、膿(うみ)が出ることもあります。さらに進行すると、冷たい水がしみるようになったり、歯がグラグラと動くのを感じるようになり、口臭もひどくなります。

こうしてそれほど痛みがないうちに悪化していくのですが、そのうち食事ができないくらい痛くなって、ついには歯が抜けてしまうのが歯周病の恐ろしいところです。歯が痛くなくても、初期のうちに、歯科医の治療を受けておくのがおすすめです。

漢方薬で歯周病の症状を改善する

軽いうちなら、原因となる歯石をとったり、歯のかみ合わせを良くすることで改善することもあります。ひどくならないうちに歯科を受診し、良くなったとしても再発の予防に努めることが大切です。

漢方薬では次のような処方があります。

初期の症状には

  • 葛根湯(かっこんとう)
    歯周病の初期で、歯をみがいたときに少し血が出る、歯ぐきが赤く腫れているようなときに使います。風邪の初期症状に用いる代表的な漢方薬ですが、他にもさまざまな病状に応用できる薬です。

慢性化したときには

口内炎

口内炎(こうないえん)は、さまざまな原因によって口の中が荒れたり痛みがでたりなどの炎症を起こす病気です。風邪の一症状として起こることがあります。口の中に痛みがあると、食欲不振になったり、味覚が鈍くなったりして、気分が憂鬱になることもあります。また、歯みがきをするのもつらかったりするので、一刻も早く治したいものです。

口内炎が起きる原因としては、口の中への刺激や食事から受ける刺激、ビタミンB群の栄養不足、そして、歯みがき粉が刺激となって起こる場合もあります。食事のとき、思わず歯で頰の内側の肉を噛んでしまったことがある人や、極端に熱いもの・硬いものなどを食べて刺激になる人は、けっこういるのではないでしょうか。ほかに、ストレスや過度な疲労が原因となることもあります。

潰瘍性(かいようせい)口内炎は、強い痛みを伴うので、ものを食べるのが苦痛に感じ、発熱を伴うこともあるのが特徴です。潰瘍の表面が赤くただれた「びらん性」や、潰瘍が白くくぼんだような「アフタ性」といわれる種類などがあります。

免疫力の低下などで起こるアフタ性口内炎では、口の中の粘膜に、円形の白っぽい潰瘍ができます。できる場所は、唇の裏側や頬の内側、舌などです。潰瘍の中央は少しくぼんでいて、縁が赤くなります。白っぽくなるのは、傷口の血液が凝固するときにできるタンパク質の膜が、潰瘍をふさいでいるためです。

口内炎を起こしやすい人は、偏食をさけてバランスの良い食事をとること、胃腸の調子を整えること、特にビタミンB群の摂取に心がけましょう。普段から口の中を清潔にして、細菌が繁殖しないようにしておくことも大切です。

漢方薬で口内炎を改善する

口内炎にはいろいろな原因がありますが、漢方では、熱があるかどうか、口の渇きがあるかどうか、舌苔(ぜったい)の色はどうか、などによって処方が異なってきます。これらのタイプや諸症状を合わせて、次のような薬の処方が考えられます。

胃熱があるタイプ

  • 黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
    体力があって、のぼせたり、気分が落ちつかない人に用いられる薬です。舌苔の色は黄色く、口内の炎症や痛みがひどい時におすすめです。
  • 半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)
    普段から胃腸の調子が悪くて、食欲不振や吐き気、胸のつかえなどがある人の口内炎に使います。舌には白い苔(コケ)があり、お腹がゴロゴロする下痢をするのも目標になります。

口が渇くタイプ

  • 銀翹散(ぎんぎょうさん)
    空気が乾燥して風邪をひき、併発する口内炎に使います。舌には苔(コケ)が無く、口やのどが渇くときに良いです。

扁桃炎(へんとうえん)

扁桃炎とは、扁桃腺(へんとうせん)=口蓋扁桃(こうがいへんとう)が赤くなって腫れ、炎症を起こす病気です。

口を大きく開けたときに、上あごの奥の真ん中にぶらさがるようについている口蓋垂(こうがいすい)を中心に左右から囲むようにつながっている壁が扁桃腺です。扁桃腺の役割は、口や鼻から入ってくる細菌やウイルスから体を守ることです。ウイルスなどの攻撃に立ち向かい、脳に指令を出して、全身を防御体制にさせたりします。

扁桃炎のおもな原因となるのは細菌やウイルスによる感染で、原因菌として考えられるものには、インフルエンザ菌、肺炎球菌、溶血性連鎖球菌、黄色ブドウ球菌などがあります。これらの菌は、実は私たちの体が健康な時にも体内に潜んでいて、免疫機能が正常であれば炎症を起こすことはないのですが、風邪をひいたり、疲労が蓄積されたりすることによって免疫力が低下していると菌が増殖し、扁桃はこれらとたたかうために炎症を起こすのです。

扁桃炎にかかると、38度以上の発熱、のどの痛み、体のだるさや頭痛などの症状があらわれます。重症化すると、扁桃の周囲にも炎症が広がってしまったり、周囲に膿がたまってしまうこともあるので、注意しなくてはいけません。また、繰り返していると慢性化することもありますから、早めに治療することが大切です。

のどが乾燥することによって腫れや痛みがひどくなってしまうので、水分補給をじゅうぶんに行い、うがいをこまめにして、室内を加湿したり、マスクを着用するように心がけましょう。

漢方薬で扁桃炎を改善する

扁桃炎ののどの痛みは、食べものをのみこんだりする時にあらわれます。慢性化してしまうと、いつも異物感があることもあります。
漢方薬では、次のような処方があります。

  • 銀翹散(ぎんぎょうさん)
    のどが痛くなる風邪に効果がある薬で、扁桃炎の初期にも用います。口が渇く症状にも効果的です。
  • 桔梗湯(ききょうとう)
    体力に関係なく服用できる薬です。ゆっくりとのどを潤すようにのむと良いでしょう。
  • 駆風解毒湯(くふうげどくとう)
    扁桃の腫れや痛みが激しく、なかなか良くならない時に用います。うがいをするような感じで、少しずつをゆっくりとのみこむようにすると良いでしょう。