循環器の病気」カテゴリーアーカイブ

狭心症・心筋梗塞

心臓は、絶えず収縮と拡張を繰り返し、血液を全身へと送り出しています。そして、この運動をおこなっているのが心臓の筋肉(心筋)です。心筋には、冠動脈(かんどうみゃく)というストローと同じくらいの太さの血管とその先は枝分かれしたような血管がとりまいていて、心臓に酸素を含んだ血液や栄養を送っています。

この大事な役割を果たしている冠動脈に動脈硬化が起こり、血液の通り道が狭くなったり、血栓ができて詰まってしまうと必要な血液量が流れなくなり、胸の痛みが起こります。多くは中年を過ぎた人に起こるこの心臓部の痛みは、狭心症(きょうしんしょう)、または狭心症が進行した状態の心筋梗塞(しんきんこうそく)の発作です。

狭心症では、冠動脈が細くなりつつも、ある程度の血流量はあり、例えば激しい運動などで心臓が必要とする血液量が増えると発作が起こります。発作を繰り返すことで心筋梗塞になる危険がありますから、対策を考えるべきでしょう。

心筋梗塞は狭心症の状態がさらに進行したもので、血管が完全に詰まり血液が流れなくなって、心筋が機能を失います。数時間のうちに死亡するケースもあります。

糖尿病や脂質異常症(高脂血症)、高血圧などによって起こる動脈硬化が血管が狭くなる原因ですから、その予防として、太りすぎ、喫煙、ストレスなどに注意しましょう。発作の経験がある人は、過度な運動や興奮、寒冷刺激などといった誘因となるものをなるべく避けましょう。

漢方薬で狭心症・心筋梗塞の症状を改善する

狭心症や心筋梗塞の発作を鎮めるには、漢方薬を頼りにするだけでなく、現代医学で処置をおこなうことが必要です。

現代医学では、狭心症の発作にはニトログリセリンという舌下錠が用いられ、発作が習慣的に起こる人は、この薬を常に携帯していなくてはなりません。ただ、心筋梗塞に対しては効果的ではありません。

狭心症・心筋梗塞に対しての漢方薬の処方では、発作が一度起こっても次の発作を予防し、血管を修復して補強することを目指します。さらに、太りすぎなどの体質を改善することによって、狭心症を予防することも大切です。漢方薬と現代医学の治療とを並行して行っていくことで、大きな効果が得られると考えます。

漢方薬の処方は次のようなものがあります。

発作の予防に

脳卒中(脳血管疾患)

脳卒中(のうそっちゅう)は、脳の血管に起こる病気です。脳卒中といえば、昔から、心疾患、悪性腫瘍(ガン)、肺炎などと共に、日本人の死因別死亡率の上位に位置し、一命をとりとめたとしても半身不随などの重い後遺症が残ってしまうことのある、恐ろしい病気です。高齢者に多い病気なので、日本の高齢化社会では今後も脳卒中の患者数が増加することが予想されます。また、高血圧症の人は、特に注意が必要になります。

脳卒中では、脳の血管に血行障害が起こり、脳神経細胞が死んでしまいます。大きく分けると、血管の中が詰まって狭くなり血液がじゅうぶんに通らなくなってしまう脳梗塞(のうこうそく)と、血管が破れてしまうことで起こる脳出血(のうしゅっけつ)があります。

どちらも動脈硬化が引き金となるのですが、高血圧が原因のひとつだとされています。しかし、低血圧の人でもコレステロールは動脈の壁にたまるので、血圧が低いからといって安心はできません。

脳卒中では、脳のどこの動脈が詰まって脳梗塞が起きたのか、どこの部分で脳出血が起こったのかで、現れる症状は異なります。

脳梗塞の症状には、手足の麻痺(まひ)、言葉をうまく話せない、ろれつが回らない、視野の片側が見えないといったものがあります。脳出血の症状は出血を起こした場所によって異なりますが、多くは突然の頭痛、吐き気で始まり、片側の手足の麻痺(まひ)がみられます。大量に出血した場合は意識がなくなります。

脳卒中には誘因となる危険因子はいくつもあり、大量の飲酒や喫煙、運動不足といった生活習慣のほか、肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病などの疾患が複合することもあります。

漢方薬と脳卒中

予防のためには

  • 防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)
    肥満体質で赤ら顔、息切れ、肩こりや便秘などの症状がある人の、脳卒中の予防に効果的です。血圧を下げるのにも有効です。
  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
    比較的体格が良い人で、めまい、肩こり、のぼせ、冷えといった症状がある人の脳卒中の予防に用います。婦人科の疾患や、皮下出血、打撲などにも効果がある、血の道症の漢方薬です。

発作後の後遺症の改善には

  • 三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)
    体力の充実した、肥満の人に用います。充血をとり去る作用があり、脳出血では出血を抑え、精神の興奮を静めます。発作の予防のためにも良いです。
  • 続命湯(ぞくめいとう)
    発作後、手足のしびれやマヒ、言葉のもつれといった症状のある人の改善を目標に用いられます。

低血圧

最高血圧の値が100未満の場合には低血圧といわれます。高血圧がさまざまな生活習慣病や重大な病気を誘発するのと比べ、低血圧はそれほど大きな問題にはなりません。症状があったとしても致命的なものにはならないために、必ずしも病気とはされていないのです。

低血圧の症状の代表的なものには、立ちくらみがする、疲れやすい、朝起きるのがつらい、手足が冷える、肩こりや便秘が続く、などがあります。こういった症状が本人が考えているほど低血圧に原因があるかというのは確かではなくて、血圧が低い人でも自覚症状が無いことはよくあります。

しかし、実際に症状のある人にとっては当然つらいものでしょう。

低血圧は一般に痩せている人に多く、胃腸の機能が良くなかったり、精神的な面から見ると神経質な傾向にあるようです。日頃から血圧が低く、さまざまな症状に悩んでいる人は、まずは規則正しい生活を心がけてみましょう。夜更かしを避けて睡眠をじゅうぶんにとることが大切で、食事ではタンパク質や野菜をしっかり摂ること、軽い運動や体操など体を動かすこともして、生活のリズムを整えます。

漢方薬で低血圧を改善する

漢方薬では、低血圧で悩むものに対し、次のような処方があります。

  • 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
    元気がなく、胃腸のはたらきが弱かったり、貧血気味の人に用います。疲労感や脱力感が続いていて、食欲不振に悩むような人に向いています。
  • 小建中湯(しょうけんちゅうとう)
    虚弱体質の子供にも用いられる薬です。体力がなく、胃腸が弱い人の低血圧症状に効果的です。疲れやすく、便秘と下痢を繰り返す人、食欲がなくて栄養がじゅうぶんに摂れないときにも良いです。
  • 半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)
    体力があまり無くて、胃腸が弱く、手足が冷える人の、めまい、立ちくらみ、頭痛を伴う低血圧の症状に用います。胃下垂で食欲がない人にも適します。
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
    比較的体力がなく、貧血気味の人に用います。手足の冷え、めまいや動悸、頭重などに効果的です。女性の月経不順や貧血、更年期障害といった血の道症にも用いられる薬です。

高血圧症

血圧というのは、血液が動脈の壁を押す力のことです。
心臓が収縮して血液を押し出すときの圧力を収縮期血圧(最高血圧)、心臓が拡張して全身の静脈や肺などから血液を吸い込むときの圧力を拡張期血圧(最低血圧)といいます。そして、最高血圧または最低血圧が、正常とされている基準値を慢性的に超えている状態が高血圧です。

しかし、血圧は、性別や年齢、体質や血圧を測ったときの体調、精神状態などによって違ってきます。また、気候によっても変化するので、数値を気にしすぎる必要はないと思います。ただ、血圧が高めの人で、息切れ、吐き気、頭痛、めまい、手足のむくみ、頻尿、不眠などがある場合には、医師の診察を受けたほうが良いでしょう。

高血圧は、動脈硬化をはじめ、脳卒中、心臓病、尿毒症などといった生命の危険をともなうような重大な病気の引き金となります。40歳を迎え中年といわれる年代になったら特にリスクも高くなるので、規則正しい生活をおくりたいものです。

日常生活では、運動不足による肥満、急激な温度差(特に冬)、熱いお風呂に入らない、ストレスや緊張、疲労をためないように気をつけましょう。また、食事では、塩分や動物性脂肪の摂り過ぎ、カリウムやカルシウムの不足に気をつけ、飲酒や喫煙を控えるようにしましょう。これらのことが、高血圧を起こす原因となります。まずは、生活習慣を見直すことが大切です。

漢方薬で高血圧症を改善する

血圧の数値は体質的なものもあり、西洋医学でも簡単に下げるのは難しいでしょう。

漢方では、高血圧による不快な症状をとり除き、体の調子を良くしていくことを目標とします。漢方薬では次のような処方があります。