目の病気」カテゴリーアーカイブ

角膜炎

角膜(かくまく)は眼球の前方にある黒目を覆う薄くて透明な膜で、角膜炎とは、この透明で薄い膜に炎症が起こった状態の総称です。角膜炎とひとくちにいっても、軽症のものから重症のものまでさまざまで、すぐに改善されるものから、失明に至ってしまうものまであります。それぞれの原因によって治療法も違ってくるので、専門医の診療を受けましょう。

角膜はとても薄いため、ちょっとした刺激で傷つきやすいのです。目にゴミが入ったりしてこすったり、コンタクトレンズを長時間使用したりすると、細かい傷がつくことがあります。

角膜には細菌などが目の中に侵入することを防ぐはたらきがあるのですが、外傷やコンタクトレンズによる細かい傷、ドライアイなどによって角膜が傷つくことで、細菌やカビなどの微生物に感染しやすくなり、炎症を引き起こしやすくなります。

私たちの目の表面というのは常に涙で覆われていて、外部からの刺激や異物から守られているので、もしも異物や微生物が外部から目の表面に付着したときには、ある程度なら涙の作用によって洗い流されています。しかし、涙が少なくなっていると角膜が傷つきやすくなり、感染しやすくなることが角膜炎の原因となります。ほかにも、ヘルペスウイルスの感染や、紫外線なども角膜炎を引き起こす原因となることがあります。

角膜炎の症状には、目がゴロゴロする、目が充血する、涙がでる、まぶたが腫れる、目が痛むなどがあります。放っておくと、視力が低下したりする可能性もあるので、異常を感じたら、早めに医師の診察を受けましょう。

漢方薬で角膜炎の症状を改善する

角膜炎は軽症のものから重症のものまであるので、眼科の専門医の診断を受けましょう。そのうえで、漢方薬では次のような薬を試してみます。

ものもらい

ものもらいには「霰粒腫」(さんりゅうしゅ)と「麦粒腫」(ばくりゅうしゅ)という2種類があります。こちらでは、麦粒腫(ばくりゅうしゅ)についてのはなしをします。

まつげの生え際やまぶたの内側には、マイボーム腺という脂や汗を出す腺があるのですが、ものもらい(麦粒腫)は、ここに細菌が感染して起こる化膿性の炎症です。
アイメイクをばっちりしている人をよく見かけますが、これは脂を出す出口を塞いでしまっていることになるので注意が必要です。

原因となるのは黄色ブドウ球菌です。黄色ブドウ球菌は化膿した傷に存在することが多いのですが、私たちののどや鼻、皮膚、髪などにも分布しています。感染力が弱く、感染する危険は大きくありませんが、目にケガをしたときや病気をしたりして体の抵抗力が落ちているときに目をこすったりすると、ものもらいができることがあるのです。

ものもらい(麦粒腫)ができると、まぶたの一部が赤く腫れ、まばたきをしたり指で触れたりすると痛みがあります。患部が広がると、まぶた全体が腫れ、目やにが出ます。また、目の赤みやかゆみがあり、ゴロゴロするなどの症状もみられます。しばらくすると膿(うみ)が出ます。膿が出ると治ることが多いのですが、まれに重症化することもあります。

細菌の感染によって化膿する麦粒腫は、痛みは霰粒腫よりも強いのですが、治癒については割と簡単で、早く回復する場合が多いようです。ただ、症状が激しいときには触らないようにして、眼科で診察を受けましょう。

ものもらいの予防と対策

ものもらいの予防と対策については、次のようなことに気をつけましょう。目をこすらないようにして、まぶたの周辺を清潔に保つことが大切です。

  1. まつげの生え際のアイメイクはなるべく避ける。
  2. 前髪が目にかからないようにする。
  3. ものもらいになっているときは、なるべくコンタクトレンズの装着を控える。
  4. ホットタオルをまぶたに当て、あたためる。
  5. アルコールや刺激物など、炎症を悪化させるような作用の食品の摂取を避ける。

漢方薬でものもらいを改善する

ものもらいは、体質によってできやすい人とできにくい人がいます。たいていは自然に治ってしまうものですが、場所が場所なのでうっとうしいし、再発を繰り返してしまう人には気になる悩みでしょう。

漢方薬では、こういった人の体質改善や再発の防止に期待がもてます。さらに、できてしまった場合に膿を出す目的で使います。次のような処方があります。