アレルギー性鼻炎」タグアーカイブ

鼻炎

鼻の粘膜が炎症を起こして、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状があらわれるのが、鼻炎(びえん)です。鼻炎には、風邪などの感染症によって起こる急性鼻炎と、アレルギー物質が原因となって起こるアレルギー性鼻炎があります。

私たちの体には、ウイルスや、花粉やハウスダスト・ダニといったアレルギー症状を引き起こす原因となる物質(アレルゲン)が体に入ると、これらを排除しようとする働きがあり、その時に、ヒスタミンなどの化学伝達物質が遊離します。そして、この化学伝達物質によって、鼻の粘膜の知覚神経が刺激されると、くしゃみが出るのです。また、炎症を起こした粘膜が充血すると水様性の分泌物である鼻水が出てきます。

鼻がつまると息苦しいし、食べものの味がわからなかったりして、違和感があります。ですから、つい、鼻を強くかんでしまう人は多いと思うのですが、鼻づまりのときに注意したいのは、勢い良く鼻をかまないことです。それはなぜかというと、中耳炎のページにも記しましたが、化膿菌を含んだ鼻水が、鼻を強くかむことによって耳管を通って中耳へ入り込み、中耳炎の原因となるためです。

急性鼻炎は「鼻風邪」ともいわれるもので、ウイルスや細菌の感染が原因で炎症が起きている状態です。くしゃみ、鼻水、鼻づまりが主な症状です。せきや熱が出ることもあります。風邪のウイルスに対して効果的な薬というのは無く、鼻炎の症状を和らげていくことが治療となります。

一方のアレルギー性鼻炎では、風邪をひいていないのに、発作的に鼻に炎症が起こります。アレルギーの原因となるのは、春先のスギなどの花粉のほか、ハウスダストといわれるホコリやダニ、カビ、ペットの毛などです。こちらの症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりのほか、目の周辺のかゆみ、のどの痛み、頭痛や皮膚の炎症が起こることもあります。アレルギー性鼻炎の治療には、抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤、点鼻薬などが用いられます。

アレルギー性の場合、症状の種類や重さによって治療法に違いがありますが、症状を軽減するためには、根気よく長期にわたって治療する必要があると考えられています。上記のような薬物療法のほか、アレルゲンが特定されている場合の免疫療法、鼻の粘膜を焼くなどの手術療法もあります。

漢方薬で鼻炎を改善する

漢方では次のような薬がありますが、慢性的なものや体質的なものは治りにくいため、根気よく服用し続けることが大切です。

  • 葛根湯(かっこんとう)
    これは風邪の初期症状によく使われる薬です。急性鼻炎は風邪の症状として最もよく起こります。風邪をひきやすい人の慢性鼻炎の予防にも良いです。
  • 小青竜湯(しょうせいりゅうとう)
    水っぽい痰(たん)や鼻水がでるときに使われる薬です。鼻風邪をひきやすく、いつも鼻をかんでいるような人に適します。くしゃみや湿った感じのせきがでるときにも良いです。

アレルギー性鼻炎・花粉症

花粉の時期の少し前から飲みはじめる

日本では、3000万人以上もの人が花粉症で苦しんでいるといいます。まさに国民病です。花粉症はアレルギー性鼻炎の一種です。主にスギ花粉が体内に入ったときに、免疫系統が過剰な反応を示し、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目やのどのかゆみなどの症状が発生します。
最近は、ブタクサの花粉に反応する人も増加しています。

花粉以外では、ダニやほこりなどのハウスダスト、ネコや鳥などの動物、で寒冷刺激などに反応して症状が出る人もおり、これらを総称してアレルギー性鼻炎と呼んでいます。

漢方は、長期間飲んで、体質改善する薬だというイメージをもっている人も多いのですが、対症療法的に症状を抑える目的で使うことも可能です。

まず、鼻水の症状がひどい場合には、小青竜湯(しょうせいりゅうとう) または、苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)がよいでしょう。
これは、慢性鼻炎や蓄膿など鼻の疾患によく用いられる漢方薬です。

花粉症の人は、花粉が飛びはじめる前の1月下旬から2月上旬を目安に、飲み始めると効果的です。症状が軽くすんだり、花粉の季節も比較的楽に過ごすことができるはずです。

成人であれば冷えや胃腸に効果的な漢方薬を使って体質改善を

本腰を入れて、体質改善をすれば、アレルギー性鼻炎や花粉から開放されます。うっとおしいくしゃみや鼻水からも開放されます。
体質改善を目的に治療する場合は、こまかい診察で問診が必要になりますので専門医を受診します。

エアコンなどの冷気刺激だけでアレルギー症状が出てしまう場合には、当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)が有効です。
こういった冷えが強い人は、体質のベースにある冷えがさまざまな不調の引き金になっているケースが多いのです。当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)は、末梢血管を拡張する働きがあり、温める作用が強い漢方薬です。

冷えが改善されると鼻炎症状も軽減し、全身状態も改善されていきます。胃腸虚弱な人は脾の状態を改善すると、アレルギー症状が緩和します。
腸が弱い人は、小建中湯(しょうけんちゅうとう)、胃が弱い人は、六君子湯(りっくんしとう)を服用します。

小児は小建中湯(しょうけんちゅうとう)で体質改善

中学生くらいまでのお子さんであれば、大人に比べて比較的薬効が出やすく、症状の軽減も体質改善も比較的楽にできます。早めに漢方治療をおこなったほうがいいでしょう。
胃腸の弱いお子さんであれば、小建中湯(しょうけんちゅうとう)黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)が有効です。お腹が弱いと栄養吸収が正常にできずに成長も遅れる場合があります。
小建中湯(しょうけんちゅうとう)と黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)は、胃腸を丈夫にする働きのある漢方薬です。

小学校高学年~中学生くらいまでのお子さんの慢性化してしまったアレルギー症状には、柴胡清肝湯(さいこせいかんとう)荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)を試すといいでしょう。

漢方薬による体質改善もとても大切ですが、くしゃみ、鼻水、などのアレルギー症状は、花粉やハウスダストなどのアレルゲンとなる物質が体内に入らなければ、症状はでません。花粉が飛ぶ時期には、マスクをしたり、外出を控える、こまめに清掃するなども忘れてはなりません。

サプリによる花粉症の改善なら、こちら。