ツムラ」タグアーカイブ

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

商品概要

桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)は、漢方の原典である「傷寒論(しょうかんろん)」に記載されている漢方薬です。比較的体力があり、のぼせて便秘しがちな人の「月経不順」、「月経困難症」、「腰痛」、「便秘」、「高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、肩こり)」などに効き目があります。

生理が遅れるなど生理不順が続くのは、「血(けつ)」の量が足りていない状態なので、これを増やす必要があります。血(けつ)が不足している部分に余分な水分がある場合が多いので、水分をとり除くことも大切です。

生理前の便秘やイライラが気になるというときは、「気」・「血(けつ)」が滞っている状態だと考え、これらの流れを良くすることで症状を緩和し、また、生理痛がつらいというときは、「血(けつ)」の流れが滞っている状態だと考え、血(けつ)の流れを良くすることで痛みを和らげます。

ツムラの漢方製剤 桃核承気湯 エキス顆粒 は、桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)から抽出したエキスよりつくられた、服用しやすい顆粒タイプの婦人薬です。

効果・効能

比較的体力があって、のぼせて便秘しがちなものの次の諸症状に。

  • 月経不順
  • 月経困難症
  • 月経時や産後の精神不安
  • 腰痛
  • 便秘
  • 高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、肩こり)

成分

次の生薬の乾燥エキスを含んでいます。
桃仁(トウニン)、桂皮(ケイヒ)、大黄(ダイオウ)、甘草(カンゾウ)、芒硝(ボウショウ)

用法・用量

次の量を、1日2回、食前に水かお湯で服用します。
成人(15歳以上)・・・1包(1.875g)
7歳以上15歳未満・・・2/3包
※ 7歳未満の小児には服用させないでください。

芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)

商品概要

芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)は、「傷寒論(ショウカンロン)」という漢方の古典といわれている中国の医書に記載されている漢方薬です。別名を去杖湯(キョジョウトウ)ともいわれていますが、筋肉や四肢のけいれん、疼痛に用いられています。急激におこる下肢の筋肉のけいれんを伴う疼痛(こむらがえり)に効果的です。脚がつって痛いときにおすすめです。また、生理痛の緩和にも用いられます。

ツムラの漢方製剤 芍薬甘草湯エキス顆粒 は、芍薬甘草湯から抽出したエキスからつくられた、服用しやすい顆粒のおくすりです。

効能・効果

下肢のけいれん性疼痛(こむらがえり)や胃腸の激しい痛みなど、急激におこる筋肉のけいれんを伴う疼痛に。

成分

次の生薬の乾燥エキスを含んでいます。

  • カンゾウ
  • シャクヤク

用法・用量

次の量を、1日2回、食前に水またはお湯で服用します。
成人(15歳以上)・・・1包(1.875g)
7歳以上15歳未満・・・2/3包
4歳以上7歳未満・・・1/2包
2歳以上4歳未満・・・1/3包
※症状があるときにのみ服用するようにして、連用は避けてください。
※2歳未満の幼児には服用させないでください。なお、小児に服用させる場合には、保護者の指導のもとに服用させてください。

注意

心臓病の診断を受けている人は服用できません。