気管支炎」タグアーカイブ

竹葉石膏湯(ちくようせっこうとう)

商品概要

風邪や気管支炎などの発熱性疾患で、発汗が過多となって熱が下がった後も、その熱のために脱水状態になって、口が渇いたり肌が乾燥します。ときには気道の乾燥により、激しいせきが出たりもします。

こういったときに用いられるのが、竹葉石膏湯(ちくようせっこうとう)という処方の漢方薬です。こちらの竹葉石膏湯 エキス細粒G コタローは、熱によって消耗してしまった水分を補い、肌や粘膜を潤し、体力を回復させて、せきや気道の炎症を鎮めます。夏の時季の熱中症や、口の渇きを訴えるさまざまな疾患にも使われます。

風邪で熱が下がったけれど、その後もせきがおさまらないことがあります。これは、体の奥のほうに残っている熱が原因です。この熱で体は乾燥し、気管支も乾燥してきて炎症が起き、ちょっとした刺激でもせきが出やすくなるのです。竹葉石膏湯は、体液を増やして気管支を潤し、炎症を鎮めていきます。

せきには湿ったせきと乾いたせきがありますが、竹葉石膏湯は、乾いたせきが出るときに適しています。顔を真っ赤にしてせき込む、のどが渇いて違和感がある、痰(たん)は粘度が強くて切れにくいが量は少ない、などの症状が目安となります。一方、湿ったせきに適しているのは小青竜湯です。

▼ 竹葉石膏湯 ちくようせっこうとう エキス細粒G コタロー の詳細、購入についてはこちら。


効能・効果

体力虚弱で、かぜが治りきらず、たんが切れにくく、ときに熱感、強いせきこみ、口が渇くものの次の諸症:
からせき、気管支炎、気管支ぜんそく、軽い熱中症。

用法・用量

食前または食間に服用してください。(食間とは、食後2~3時間を指します。)
[年齢:1回量:1日服用回数]
大人(15歳以上):1包または2.0g:3回
15歳未満7歳以上:2/3包または1.3g:3回
7歳未満4歳以上:1/2包または1.0g:3回
4歳未満2歳以上:1/3包または0.7g:3回
2歳未満:1/4包または0.5g:3回

注意すること

■生後3ヵ月未満の乳児には服用させないでください。
(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こることがあります。)

■次の人は服用前に医師、薬剤師に相談してください。

  1. 妊婦または妊娠していると思われる人。
  2. 体力が衰えている人や体の弱い人。
  3. 胃腸が弱くて冷え症の人。
  4. むくみの症状がある人。
  5. 高齢の人。
  6. 高血圧、心臓病、腎臓病の診断を受けている人。
  7. 医師の治療を受けている人。

また、服用後に次の症状があらわれた場合は、副作用の可能性がありますので直ちに服用を中止し、医師または薬剤師に相談してください。

柴朴湯(さいぼくとう)

商品概要

柴朴湯(サイボクトウ)は、ぜんそくや気管支炎などに用いられる処方です。咽喉、食道部の異物感、動悸、めまい等の症状を伴うぜんそくや気管支炎などに。発作が起きないかと気にするようなタイプで精神的に不安症状がある場合に用いられます。

ぜんそくには麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)などの処方も効果的ですが、ぜんそくは心因性がからむことがあるので、そういう時に柴朴湯(さいぼくとう)を用いると良いでしょう。気分が停滞しているときにおすすめです。

マツウラ(松浦漢方)の柴朴湯エキス細粒は、漢方薬が苦手な人にものみやすい細粒のおくすりです。スティックタイプのため、持ち運びにも便利になっています。

効果・効能

気分がふさいで、のどや食道部に異物感があり、動悸、めまい、吐き気などを伴う次の諸症状に。

  • 小児ぜんそく
  • 気管支ぜんそく
  • 気管支炎
  • せき
  • 不安神経症

成分

次の生薬のエキスを含んでいます。
柴胡(サイコ)、人参(ニンジン)、半夏(ハンゲ)、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)、厚朴(コウボク)、黄岑(オウゴン)、蘇葉(ソヨウ)、大棗(タイソウ)、茯苓(ブクリョウ)

用法・用量

次の量を1日3回、食前または食間に水かお湯で服用します。(食間とは食後2~3時間のことです)

  • 大人(15歳以上)・・・1回に1包(2.0g)
  • 15歳未満7歳以上・・・2/3包(1.3g)
  • 7歳未満4歳以上・・・1/2包(1.0g)
  • 4歳未満2歳以上・・・1/3包(0.7g)
  • 2歳未満・・・1/4包(0.5g以下)

※小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。また、1歳未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、やむを得ない場合にのみ服用させてください。

▼ 柴朴湯エキス細粒 松浦漢方 の詳細、購入についてはこちら。

麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)

商品概要

麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ)は、漢方の原典である「傷寒論(しょうかんろん)」に記載されている漢方薬です。小児ぜんそくや気管支ぜんそくで、ゼイゼイいって呼吸が苦しかったり、せき込んでしまうような場合に用いられます。

ツムラの漢方製剤 麻杏甘石湯 エキス顆粒は、麻杏甘石湯から抽出したエキスから製剤された、服用しやすい顆粒タイプのおくすりです。

精神的な不安を伴うぜんそくには、柴朴湯(さいぼくとう)が適しています。

効能・効果

体力がそこそこある人で、せきが出て、ときにのどが渇くものの次の諸症状に。

  • せき
  • 小児ぜんそく
  • 気管支ぜんそく
  • 気管支炎
  • 風邪

成分

次の生薬の乾燥エキスが含まれます。

  • 石膏(セッコウ)
  • 杏仁(キョウニン)
  • 麻黄(マオウ)
  • 甘草(カンゾウ)

用法・用量

次の量を1日2回、食前に水かお湯で服用します。

  • 成人(15歳以上)・・・1回に1包(1.875g)
  • 7歳~15歳・・・2/3包
  • 4歳~7歳・・・1/2包
  • 2歳~4歳・・・1/3包
  • 2歳未満・・・4/1包

※小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。また、1歳未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、やむを得ない場合にのみ服用させてください。

▼ 麻杏甘石湯 ツムラ漢方 の詳細、購入についてはこちら。

注意すること

次のような症状が出た場合は、直ちに服用を中止して医師または薬剤師に相談してください。

  • 皮ふ・・・発疹・発赤、かゆみ
  • 消化器・・・悪心、食欲不振、胃部不快感

また、次のような重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

重篤な症状とは

偽アルドステロン症・・・尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛がする、などの症状。