生理痛」タグアーカイブ

当帰建中湯(とうきけんちゅうとう)

商品概要

当帰建中湯(トウキケンチュウトウ)は、体をあたため、痛みをやわらげ、血行を良くして貧血症状を改善する漢方薬です。体力のない人で疲労しやすく、血色のすぐれない人の月経痛、下腹部痛などの症状を緩和します。胃腸を丈夫にする小建中湯に、血行を良くして体を温める作用のある当帰(トウキ)を加えたものです。

当帰建中湯には、次の生薬のエキスが含まれています。
シャクヤク、ケイヒ、トウキ、タイソウ、カンゾウ、ショウキョウ

こちらで紹介している、生薬・漢方薬を専門に扱っている中央薬局さんの漢方薬は、専用の煎じ器で長時間煎じているので、生薬のエキスが十分に抽出されています。自分で生薬から煎じるとなるとなかなか手間がかかり大変ですが、こちらは、すでに煎じて液体の状態である漢方薬が1回分ずつの分包になっています。

効能・効果

体力があまり無くて、疲れやすく、血色の悪い人の次の諸症状に。

  • 月経痛
  • 下腹部痛
  • 脱肛の痛み

注意

次の人は服用する前に、医師または薬剤師に相談してください。

  • 医師の治療を受けている人
  • 高血圧、心臓病、腎臓病の診断を受けている人
  • 妊婦または妊娠していると思われる人
  • 胃腸の弱い人
  • むくみがある人
  • 今までに薬で発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人
  • 高齢の人

※服用して皮膚に発疹・発赤、かゆみが出た場合は、直ちに服用を中止して、医師または薬剤師に相談してください。
また、まれに重篤な症状(偽アルドステロン症)・・・尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛など、があらわれる場合があります。この場合には、すぐに医師の診察を受けてください。

▼ 当帰建中湯 30包(液体パック)15日分 の詳細、購入についてはこちら。

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

商品概要

桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)は、漢方の原典である「傷寒論(しょうかんろん)」に記載されている漢方薬です。比較的体力があり、のぼせて便秘しがちな人の「月経不順」、「月経困難症」、「腰痛」、「便秘」、「高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、肩こり)」などに効き目があります。

生理が遅れるなど生理不順が続くのは、「血(けつ)」の量が足りていない状態なので、これを増やす必要があります。血(けつ)が不足している部分に余分な水分がある場合が多いので、水分をとり除くことも大切です。

生理前の便秘やイライラが気になるというときは、「気」・「血(けつ)」が滞っている状態だと考え、これらの流れを良くすることで症状を緩和し、また、生理痛がつらいというときは、「血(けつ)」の流れが滞っている状態だと考え、血(けつ)の流れを良くすることで痛みを和らげます。

ツムラの漢方製剤 桃核承気湯 エキス顆粒 は、桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)から抽出したエキスよりつくられた、服用しやすい顆粒タイプの婦人薬です。

効果・効能

比較的体力があって、のぼせて便秘しがちなものの次の諸症状に。

  • 月経不順
  • 月経困難症
  • 月経時や産後の精神不安
  • 腰痛
  • 便秘
  • 高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、肩こり)

成分

次の生薬の乾燥エキスを含んでいます。
桃仁(トウニン)、桂皮(ケイヒ)、大黄(ダイオウ)、甘草(カンゾウ)、芒硝(ボウショウ)

用法・用量

次の量を、1日2回、食前に水かお湯で服用します。
成人(15歳以上)・・・1包(1.875g)
7歳以上15歳未満・・・2/3包
※ 7歳未満の小児には服用させないでください。