肩こり」タグアーカイブ

肩こり

なかなかよくならない肩こり。西洋医学の限界を感じたら…

血(けつ)のめぐりが悪い状態を、淤血(おけつ)といいます。まず、女性の場合は淤血(おけつ)が原因で肩こりになる場合があるので、このことを念頭に入れておきます。

肩こりは西洋医学では、改善しにくい症状のひとつといえるでしょう。一般的に治療には、鎮痛剤、消炎剤、筋弛緩剤などが使われ、一時的に症状が改善したかのように感じますが、数日後には、また調子がよくない、ということの繰り返しです。

漢方の場合、個人個人の体質や精神状況などと合わせトータルで診断します。また、漢方医学的な原因を突き止め、そのあとに処方をします。肩こりは淤血(おけつ)、ほかの気の流れの乱れから起きることが多いと報告されています。

女性の場合は淤血(おけつ)が多く、生理中に骨盤内で血液がうっ滞しやすく、生理痛のほかに肩こり、頭痛、冷え症などの症状もあらわれます。
普段は頭痛の症状はなくても、生理中には頭痛がするという人は多いのです。

生理不順、月経困難症がある場合、皮膚、唇、歯肉、舌などが紫色になる、目の下にクマができる、下肢に紫色の毛細血管がみえる、静脈瘤や痔があるといった人の場合、淤血(おけつ)タイプになります。

淤血(おけつ)からくる肩こりは、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん) 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)などが効果的です。
この3つは淤血(おけつ)の治療に使われる駆淤血剤の中でも代表的な処方になります。

桃核承気湯(とうかくじょうきとう) は、体力がある人に適します。足先は冷えるのに頭はのぼせるといった症状、さらに生理前になるとイライラするなどの症状が目安となります。
大黄(だいおう)という生薬が含まれますが、これは便秘にも効果があるので女性には喜ばれています。

体力は、普通並の人であれば、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん) を選びます。体格が比較的しっかりしていて、下腹部に抵抗がある人に適しています。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は、体力がなく疲れやすいなどの症状がある人向けです。疲れやすい、足腰が冷える、めまいや立ちくらみなどの症状がある場合に適します。
体力がない虚証の人で、不定愁訴や情緒不安定などの、精神面の症状が気になる場合は、
加味逍遥散(かみしょうようさん)を使うといいでしょう。
これは、更年期障害による不定愁訴を改善する際にも効果的です。

冷え症がひどく、夜布団に入ってもなかなか眠れない人で強い冷え症、しもやけができやすい、手足や足腰、お腹がよく痛くなるというには、当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)がおすすめです。

イライラがひどい場合は、柴胡剤(さいこざい)、落ち込みがひどい人は半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)が効果的です。

男女を問わず過剰に気を使い、イライラしたり、感情の起伏が激しいなどの人は、精神面を強化すると効果的です。
柴胡(さいこ)という生薬を含む柴胡剤が適用となります。
体力、腹力、胸脇苦満(肋骨の下あたりの抵抗と圧痛)、舌苔(舌の苔)などを診断して、次のように使い分けます。

体力があり、腹力も胸脇苦満も強く、便秘傾向の人、舌苔が厚く黄色い人は、大柴胡湯(だいさいことう)、体力と腹力が普通程度で胸脇苦満があり、不眠、イライラが強い人は、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)、体力も胸脇苦満も普通程度、舌にやや厚めの白い苔がある人は、小柴胡湯(しょうさいことう)、体力、腹力ともに低下し胸脇苦満腹直筋に突っ張りがある人、舌苔が白い人には、柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)が有効となります。