代表的なモバイルルータを比較

外出先のネット通信の高速化を実現してくれる「モバイルルータ」の代表機種4機種

  • Aterm WM3600R(UQ WiMax)
  • Pocket WiFi GP02(EMOBILE)
  • docomo L-09C(NTT docomo)
  • SoftBank101SI(SoftBank)

の特徴とスペックなどを紹介。スマホ、タブレット、ノートパソコンなどのデバイスも外出先での高速ネット通信が可能になります。
通信業者、モバイルルータの数も急増してどれを選べばいいと悩んでしまうユーザーに向けた情報です。

機種名
Aterm WM3600R
Pocket WiFi GP02
外形寸法
95(W)×70(D)×12.8(H)mm
56(W)×102(H)×15.5(D)mm
重さ
約110g
約110g
駆動時間
10時間
4.6時間
プロバイダー
UQ WiMax
EMOBILE
     

機種名
docomo L-09C
SoftBank 101SI
外形寸法
64(W)×122(H)×15.9(D)mm
64(W)×100(H)×16.1(D)mm
重さ
約156g
約110g
駆動時間
8時間
3.5時間
プロバイダー
NTT docomo
SoftBank
     

バッテリー駆動時間などにもばらつきがあるので、外出先でどの程度の時間、ネット接続するかなどが選ぶ際のポイントにもなります。
料金プランは
年間継続プランで割安のプランを揃えているのが普通。プロバイダーによって利用期間や提携キャリアとの契約状況でさまざまな割引サービスを受けることも可能になるので、最新の情報はキャリアのサイトで詳細を確認してください。

  • Aterm WM3600R(UQ WiMax)…3,880円
  • Pocket WiFi GP02(EMOBILE)…3,880円
  • docomo L-09C(NTT docomo)…3,980円
  • SoftBank101SI(SoftBank)…5.505円

あとは、モバイルルータをどこで使うかと利用可能エリアにはいっているかどうかが重要です。エリアは、それぞれのウェブサイトで確認することができます。モバイルルータが生活圏で利用可能かどうかを確認することが最優先です。プロバイダーのサイトでも表示されているので確認しましょう。

プロバイダーによりキャンペーンなどのサービスを行っています。端末を無料にしたり、2ヶ月無料にしたりというお得なものもあるので、プロバイダーサイトでチェックするといいでしょう。

au(エーユー)の公衆無線LANサービス

auもソフトバンク同様、スマホの利用者は全員が無料で利用できます。iPhone4S発売当初には、まだこのサービスはAndroid搭載のスマホのみのサービスで2011年内対応予定とアナウンスしていました。現在は、iPhone 4Sでも利用可能です。

  1. safariのブックマークから「auお客様サポート」にアクセスして「iPhoneでau Wi-Fi SPOTはこちらへ」をタップ。
  2. Wi-Fi SPOTスポットのページが表示されるので、「プロファイルのインストールへ」をタップ。
  3. 一括設定プロファイルのインストールを行うには、利用規約が表示されたら「同意する」をタップ。
  4. 「インストール」をタップして「Wi-Fi SPOT」のプロフィルをインストールすれば完了。
  5. インストール後は、本体のWi-Fi機能をオンにしておけば、「Wi-Fi SPOT」のエリ内では自動的にWi-Fi接続される。auのWi-Fi SPOT検索はこちら

softbank(ソフトバンク)の公衆無線LANサービス

ソフトバンクのサービスは、実質無料で利用できる

ソフトバンクの公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」は、次のプランに加入しているユーザーは無料で利用することができます。

  • パケットし放題フラット
  • パケットし放題フラット for スマートホン
  • パケットし放題MAX for スマートホン
  • データ定額プラン

のいずれかを利用している場合は、期間などの制限はなく無料で利用ができます。
その他のパケット定額サービスの場合には、2年間無料で利用できます。この際、2年の間に機種変更などをすれば、さらにそこから2年間、無料で利用できるため、実質無料で利用できるのです。

ソフトバンクWi-Fiスポットを利用する手順

別途申し込むは、不要になるのでスマホの接続設定だけを行えば利用できます。

  1. safariのブックマークから「MysoftBank」にアクセスしてログイン。「ソフトバンクWi-Fiスポット」のバナーをタップ。ソフトバンクWi-Fiスポットのページに移動するのでWi-Fiのアイコンをタップ。
  2. 利用規約をすすめると、一括設定プロファイルのページが表示。「インストール」ボタンをタップしてプロファイルをインストール。
  3. iPhone専用メールの差出人の名前登録画面が表示。メールの送信相手に表示する名前を入力してすすめれば完了。
  4. ソフトバンクWi-Fiスポット内でブラウザなどを開いたり、Wi-Fiをオンにすると、ソフトバンクWi-Fiスポットに接続され、自動ログインされる。ソフトバンクのWi-Fiスポットのエリア検索はこちら。

Docomo(ドコモ)の公衆無線LANサービス

別途申し込む

ドコモの公衆無線LANサービスは、契約時に自動で付属するサービスではないので、別途申し込み手続きが必要です。
利用している機種によって料金プランが異なります。基本的には各種機種向けのインターネット接続オプションとなるので、該当のサービスの契約がなければ利用することができません。なお、指定のパケット定額プラン利用であれば、3つのプランとお2013年3月31日までの無料キャンペーン終了時には通常料金が発生することになります。
2012年3月より「docomo Wi-Fi」に名称が変更されます。

PCやスマホから申し込みして設定を行う

ドコモの公衆無線LANサービスをスマホで利用するには、「spモード」もしくは「mopera U」のスタンダードプランと同時加入が必須になります。申し込みはパソコンであれば「My docomo」から、スマホなら「ドコモスマート」からになります。FOMAならiモードからも可能。申し込みは、簡単で確認メールが届いたらこの時点から利用可能です。
メールを受信したら、スマホで再び「ドコモマーケット」→「お客様サポート」から公衆無線LANのIDとパスワード、接続設定を再度確認します。後は、確認した設定でWi-Fiネットワークを追加すれば準備は終了です。
XPERIA acroとspモード公衆無線LANサービスでの接続手順を例に解説。

  1. パソコンの場合は、「My docomo」の「各種お手続き」からスマホの場合は、「ドコモマーケット」の「お客様サポート」からdocomo公衆無線LANサービスを申し込む。
  2. スマートフォンで「ドコモマーケット」を開き、「お客様サポート」から各種設定の一覧を表示。「spモード各種設定」を開くと「公衆無線LAN設定」があるので、これをタップ。
  3. 「確認」をタップ後、spモードの暗証番号を入力すれば、公衆無線LANサービスのログインIDとパスワード、確認用のSSIDとWEPキーが確認できる。
  4. スマホの得sって位から「無線とネットワーク」を開き、「Wi-Fi設定」をタップ。一番下にある「Wi-Fiネットワーク」を追加を選び先ほど確認したSSIDを入力してセキュリティは「WEP」を選ぶ。パスワード欄にWEPキーを入力して保存して完了。
  5. ドコモのWi-Fiスポット内でブラウザを起動するとログイン画面が表示。IDとパスワードを入力後、ログインすればWi-Fi接続が可能。ドコモのエリアはこちらで検索可能です。

スマホで携帯キャリアのWi-Fiスポットを利用する

ドコモ、ソフトバンク、auの代表的な携帯キャリアは、契約者向けにWi-Fiスポットを用意しています。基本的にはどれも有料のサービスですが、契約プランによって無料で利用できたり、契約時より、一定期間無料で利用できるなどのキャンペーンを対象となっている場合があります。
これに該当すれば、無料での利用が可能です。ソフトバンクとauは、対象プランの契約時に自動でサービスが付属するため、スマホ側で設定さえすれば、すぐに利用可能です。
ドコモは、別途加入が必要です。

キャリアが提供しているWi-Fiスポットは、無料で使えることが多いのですが、無料キャンペーンの対象条件はキャリアごとに異なります。ホームページなどで確認してから準備しましょう。

スマホでのWi-Fi接続は、一般的ですが、ガラ携では、利用できないのでしょうか?Wi-Fi接続の利点は、無料であることと、パケット代がかからないこと、そして高速通信です。。
ドコモでは、FOMA端末で利用できる「U「公衆無線LAN」コース」なども用意されています。
2012年3月31日までの無料キャンペーンの中に含まれています。
スマホと同様に別途加入が必須ですが、対象のパケット定額サービスを利用しており、「mopera U」のスタンダードプランに加入しているのであれば、無料キャンペーンの対象となります。Wi-Fi機能を搭載したガラ携は、各キャリアで発売されているので、機種変更の際には、候補に入れてみてもいいかもしれない。

出先や出張先でもWi-Fiを使いたい!

外出先などでノートパソコン、スマートフォン、でWi-Fiを利用する場合には、大きくわけて3種類の方法があります。

  • 会社などの限定された場所のWi-Fi
  • 駅や飲食店などで利用できる公衆無線LANスポット
  • モバイルルータを利用してのWi-Fi接続

です。このうち、会社などの限定された場所のWi-Fiネットワークは、基本的に自宅で設置したWi-Fiと同じ仕組みと考えられます。SSIDとパスワードさえわかれば無料で接続できます。
外出先で非常仁利用しやすい公衆無線LANスポットの使い方などを解説します。

公衆の場に設置された無線LANアクセスポイントは、公共の場に設置された無線LANアクセスポイントのことで、駅構内、空港、喫茶店、ホテル、ファーストフード店などの飲食店、病院や大学、図書館などに設置されています。(全部に設置されているわけではありません)
呼び方も様々で、ホットスポット、アクセスポイント、無線LANスポットなどと呼ばれることも増えています。無線LANスポットには、大きくわけて3種類あります。
有料の契約制で事前登録や設定が必要なもの、事前の登録は必要だが、特定のユーザーだけが無料で利用できるもの、誰もが無料で自由に利用できるものの、3修理になります。

携帯キャリアが提供のWi-Fiスポットも公衆無線LAN?

スマホなどの購入時にキャリアが提供しているWi-Fiスポットを一定期間だけ「使い放題」などの特典が付属する場合がありますが、この携帯キャリアが提供しているWi-Fiスポットも公衆無線LANスポットのひとつになります。対象に該当する契約者であれば、無料で利用可能です。
期間限定は、2年間に限定されているケースが一般的です。2年経過すると、機種変更などをするケースが多いことからその際にまた改めて特典がつくという理由です。
多くの人は、無料のまま、サービスを使い続けることが可能となります。このサービスはあくまでも契約特典で、実際は、有料のサービスであることがほとんどです。このため2年以上機種変更をしなかった場合などは、2年を越えると無料でWi-Fi接続できなくなり、利用するには、有料の契約が必要となります。ソフトバンクやauは、設定のみでWi-Fiスポットが利用可能です。ドコモは、別途契約が必要となります。

ルータ代だけで世界中のアクセスポイントが使い放題になる「fon」

公衆無線LANスポットの中でも個性的なのが「fon」です。一般的にWi-Fiスポットが商用利用や公共利用のために、設置されるのに対して、fonのWi-Fiスポットはfonルータを使って、自宅にWi-Fi環境を構築したユーザーに自宅のWi-Fi付近いる他のfonユーザーに開放することが条件となっています。
その代わりに、他のfonユーザーが自宅に構築したWi-Fiも使い放題となります。
fonルータを設置するには、あらかじめ、ウェブサイトで登録を行った上でfonルータを購入します。
購入は、こちら。→FON公式 FONルーター FONERA 2.0n (フォネラ 2.0n) 11n対応無線LANルータ FON2303
登録は、無料でできるので、ルータ代だけでWi-Fi接続が可能となります。

携帯もモバイルルータお電話回線でネット接続できる

公衆無線LANスポットが近くにない場合には、最終手段として圏内であれば、どこからでも使える電話回線を利用してインターネットに接続する方法があります。
スマホなどの携帯電話であれば、Wi-Fiが使えない場合は、勝手に電話回線を利用して、インターネットに接続されるようになっているので、特に意識せずにネット接続が可能になります。
ところが、ノートパソコンや、他のデバイスの場合、元々電話回線を使った通話を利用しての機能をもたない機器がほとんどなので、電話回線を利用してのインターネット接続はできません。
そこで利用するのがモバイルルータです。モバイルルータは基本的には、携帯電話で電話回線を使ったインターネット接続と同じ方法でネット接続ができます。
電話回線を利用できることからもわかるように、実際には電話番号をが割り当てられています。
しかし、通話やメールなどの機能は搭載せずに、他の機器とWi-Fi接続して電話回線を通じてのインターネット利用を可能とする機能のみに限定されています。用途を限定する携帯電話というわけです。

自宅のパソコンを外から遠隔操作

非常に便利な遠隔操作ですが、それゆえに実際の操作は、手間がかかります。最高レベルの管理者権限やパスワードの入力が必須です。
また、電源オフになっているパソコンを遠隔操作でオンにすることは不可能なので、あらかじめスタンバイにしておくことが条件となります。
会社のパソコンから自宅のパソコンにアクセスしたり、逆に自宅のパソコンから会社のパソコンにアクセスして仕事の続きを行う。といった使い方も可能です。

Windows標準の「リモートデスクトップ接続」では、管理者権限を使用することで、自由にコントロールが可能となります。遠隔操作でできることと、できないことは次のとおりです。

  • ファイルのコピー…文書や映像、音楽ファイルなどのコピーはもちろん、削除も可能
  • データの閲覧…ブラウジングやディレクトリの参照、連絡先の表示まで行える
  • 電源の管理…あらかじめオンになっている電源をシャットダウンして終了することができる。オンはできない。
  • ソフトの起動…インストールしてあるソフトを起動して使用。管理者権限があればインストールも可能。

Windows標準のリモートデスクトップを使用

Windowsには、デフォルトで用意されているリモートデスクトップ機能があります。これは、管理者権限とパスワードがあれば、誰でも簡単に遠隔操作のホストになることが可能です。コントロールの利用性に上位や下位のOS規制はなく、幅広い用途が見込めます。

  1. ホストする側のパソコンで「スタート」メニューから「リモートデスクトップ接続」をクリック。
  2. ホストされる側のパソコンのIPアドレス、ユーザー名を入力し、「接続」をクリック。
  3. Windowsログオン画面が表示されたらユーザー名、パスワードを入力し「OK」をクリック。
  4. 成功するとデスクトップ画面が表示される。

スマホからパソコンを遠隔操作

TeamViewerは、Windowsはもちろん、MacやLinux、さらには、AndroidやiPhone、iPadなどを相互にコントロール下に置くことが可能になります。
ホストされるパソコンやデバイスの名称とパスワードを設定、さらにユーザー名とメールアドレス、パスワードを入力してアカウントを作成します。
インストール終了後、ソフトを起動し、表示されるIDとパスワードをホストする側で入力して「パートナーに接続」をクリックします。

アップルのiCloudでデータ共有

iCloudとは、アップルが提供するクラウドサービスで異なるデバイス上で扱うデータを共有化できるメリットがあります。しかも、アップル製品ではないWindowsでもiTunesをインストールすれば利用可能です。iPhoneの大ヒットで、iPhoneユーザーをさらに便利なクラウドサービスに導くためのサービスです。
Wi-Fi環境下では、データの共有、さらに自宅のパソコンでサーバーにアップした画像や動画などを電車や待ち時間の間に鑑賞することも可能です。また、iPhoneに保存したデータそのものをバックアップするなどの使い方もできます。

iCloudを使える環境を

iPhoneやマックなど、アップル製品との連係が高いデバイスはもちろん、WindowsパソコンであってもiTunesを介してサービスを受けることも可能です。
また、いずれの場合にアップルアカウント情報の入力が必要であるため、アップル製品を持っていないと利用できません。
手持ちのデバイスが最新のiOSにアップデートしていないと正常に機能しないので注意します。

iCloudでiPhoneのデータをバックアップ

バックアップデータをiCloud上に作成するための手順です。バックアップデータがあれば、現在使っているiPhoneを買い替えるなどの時には、現在の環境をそのまま引き継ぐことができます。また、水没してしまった場合などのときにも安心です。

  1. iPhoneの設定画面を呼び出し、iCloudをタップ。
  2. 画面を最下部までスライドし、「ストレージとバックアップ」をタップ。
  3. 「iCloudバックアップ」の項目をオンにスライドします。さらに確認のダイアログが表示されるので「OK」をクリックする。
  4. Wi-Fi回線を使用し、iPhoneのデータをiCloudに転送。30分~1時間程度はかかるので、時間に余裕のあるときに行うようにします。

復元には、オンライン環境下でのデータ転送を必要とするため、必ずWi-Fi環境下で実行するようにします。

iCloudで画像も共有できる

iPhoneで撮影した写真などは、すにiCloudにアップロードされ、あらゆるデバイスとの共有が可能になります。iPhoneの設定画面を呼び出し、iCloudの「フォトストリーム機能」をオンにします。
また、Mac用のソフト「iPhoto」と連係して画像データの共有も可能です。
設定方法は、事前に「システム環境設定」→「iCloud」→「フォトストリーム」を有効化しておきます。最新バージョンのiPhotoをインストールしておきます。
フォトストリームでは、最近の30日間の画像だけが閲覧可能です。

グーグルの4つのデータ共有サービス

グーグルは、「検索」だけでなくさまざまなデータ共有サービスを提供しています。もちろん全て無料で使用できるので紹介したいと思います。

  • カレンダー
  • グループ
  • サイト
  • Picasa

の4つが代表的なサービスですが、「カレンダー」は、メンバーが同じカレンダーを使用することによりスケジュールを共有するサービスです。
「グループ」は、興味のあるグループを作り、ディスカッションできるサービスです。
「サイト」は、簡単に自分のホームページが作成できるサービスです。
「Picasa」は、画像共有サービスです。

グーグルドキュメント

ブラウザ上で新規作成、編集、保存までができるサービスです。クラウドのメリットを生かしたサービスです。パソコン、スマホどちらからもアクセスできます。外出先で仕事を行うことが可能です。

  1. 公式サイトにアクセスし、「作成」からのプルダウンメニューで「文書」をクリックします。自動で新規文書が開くのでテキストを入力します。
  2. テキストの入力が完了したら、mファイル名をつけたり、新規保存を行います。最後に画面右上の「共有」をクリックします。
  3. 作成したテキストファイルにアクセスできるレベルやユーザーを指定します。URLを知らせることによりログイン不要でアクセス可能にもなる。
  4. スマホからアクセスするには、アプリを起動し、ドキュメントにアクセス。
  5. パソコン同様、ドキュメントを開く、閲覧、送信、共有、といった機能が使えます。

Picasa

自分で撮影した画像、また、収集した画像をアップロードし、ユーザー同士や不特定多数などに公開ができるサービスです。
AndroidやiPhone用のアプリも公開されているため、気軽にアクセスが可能です。
色彩の調整、明度、画像の編集機能も搭載しています。
1GBまでの容量を無料で使うことができますが、800×800ピクセル以下の画像はカウントされないため小さな画像でれば無限にアップロード可能です。

PCとスマホでデータを共有

Wi-Fiを活用することで離れた場所にある機器同士のでも同じデータにアクセスすることが可能になります。
Wi-Fiネットワークは、複数の機器を同時に接続することが可能です。アカウントやパスワードなどを共有することでメールやカレンダーなどを共有することも可能です。
また、友達同士で音楽、動画ファイルの共有も可能なので、動画、音楽ファイルを転送して再生、クラウドサービスでアプリを活用して作業を行うことも可能です。
無線LANが繋がる場所にいれば、会社のパソコンと自宅のパソコンで同じファイルにアクセスすることも可能になります。高価なバックアップシステムを導入しなくてもうまく活用すればこれだけでバックアップの機能になります。

Wi-Fiに接続したパソコンとスマホデータを共有できる

自宅、会社などでは、ルータでのWi-Fi接続、外出先などでは3G回線やモバイル回線など、インターネットを介して、常に同じデータにアクセスすることが可能です。
互いに情報を更新しあうこともできるので、グループ内で常に最新のデータを共有することできるのもメリットです。個別にメールを送信するよりも手軽に情報伝達が可能となります。

USB接続とは異なる点

パソコンとスマホのデータ共有は、いちいちUSBケーブルで接続する手間がない分メリットとなりますが、注意点もあります。
Wi-Fiネットワークを安全に利用するために、また何より大事なデータを守るためにもポイントなるのは、バックアップです。万が一のためにも外部記憶装置にバックアップをしておきたい。
600-IP16GBK(16GB)ならケーブル接続も同期もいらないiPad用USBメモリ。
パソコンの画像データをネットワークやアプリなどを使用せずiPadに転送できるiPad用USBメモリ。コネクタはスライド式で、USBコネクタとDockコネクタを使い分けることが可能。

注意

  • 導入の程度…ケーブルの手間がない
  • 容量…契約内容による
  • 時間…アップロード、ダウンロードはUSBが速い
  • 緊急時…外出先で困ったときにはWi-Fi
  • データのセキュリティ…サーバトラブルのリスク
  • 情報の漏洩…バスワードの取り扱いに注意

Suger Sync(同期型オンラインストレージサービス)でデータの共有

オンラインストレージサービスとして世界中でサービスを展開しているSuger Syncは、Windows、Mac、Android、iPhoneなど幅広いプラットフォームで使えるのが魅力です。
無料でも5GBまで使え、有料でストレージを拡張すると、500GBまで拡張できるので心強いでしょう。

  1. Suger Syncにアクセスし、利用規約に同意し、メールアドレス、ID、パスワードなどを登録します。返信メールを受信したらリンク先をクリックして登録を完了させます。
  2. ファイルマネージャーをインストール後、起動します。登録したメールアドレスとパスワードを入力してログインします。監視するフォルダを選択します。
  3. パソコンから共有設定したフォルダを開きます。ドラッグ&ドロップでファイルやデータを追加したり、ダウンロードなどができます。マジックブリーフケースの内容は常にサーバーと同期されるので細かい設定は不要です。
  4. スマートフォンからアクセスする際にもアプリを起動し、メールアドレス、パスワードを入力してログインします。データを開いたり、ダウンロード、アップロードなどが可能です。Wi-Fi接続している場合には、データは随時最新データになります。

パソソニックのLUMIXを持っていればオンラインアルバムを無料で

パナソニックが提供している無料のオンラインアルバムサービスは、LUMIX購入したユーザーに限られる。パナソニック会員に無料登録すれば1GBのオンラインストレージを利用することができる。アップロードした画像は、ブラウザなどで閲覧が可能です。
AndroidやiPhoneからもアクセスできる専用のアプリも公開されているので、写真ユーザーには嬉しいサービスとなっています。
LUMIX CLUB