ビジネスマンに必須のスケジュール管理(Schedule Wacher)

スケジュール管理を行うためのカレンダーソフトの中にはシンプルさを追求したものも多いが、Schedule Wacherは様々な機能を搭載。

To Do機能も備えた高機能カレンダー

詳細画面に予定を大量に詰め込める、システマティックなカレンダーソフト。重要な日程はは片っ端から記録するといい。「仕事」や「個人」など予定の種別を色分けすれば、細々とした画面でもひと目で状況が把握できる。To Do ソフトとしても便利。

「必ず電話する」などをメモすると「TO Do」機能としてのソフト機能も活かせる。
使い方は、カレンダーに予定を追加。件名や場所、開始・終7 日時のはか、優先席位のランク分けや予定の種類毎に表示カラーの変更も可能。

重いPDF文書を即読できる(Foxit Reader)

公的機関の発表する文書などでも使われるPDF形式のファイル。閲覧時に感じる独特の重さは、このFoxit Readerを使うと解決できる。

注釈の追加も可能

PDF形式のファイルを読み込むには、専用ビューワーの導入が不可欠。しかし、Adobe純正のビューワーは起動に時間がかかるのがいまひとつ。しかしビジネスの場ではPDFの閲覧は、必須。軽快に動作する「Foxit Reader」がおすすめ。
開いたPDFの画面に、文字や図形を追加できる。注釈を追加したい際に便利。

起動直後の画面で「Open a PDF File」をクリック。ファイルの読み込み画面でPDF形式の文書を開く。スムーズな動作で作業効率もあップする。

複数の作業を管理(Projectscape Free Edition)

Projectscape Free Editionは、中小規模の企業向け、プロジェクトの進行を管理するツール。

プロジェクトの進行状況を管理

タスクを効率的にチェックできる進行管理ソフト、ガントチャートの表示など、実用性の高い機能をいくつも搭載。進行状況を記録して、現場での作業を円滑に進めよう。複数の工程が絡み合ったプロジェクトのリーダーは導入を検討する価値がある。

プロジ工クトに参加するメンバーの名前と担当箇所を登辞し、チーム全体の効率化を図ることができる。
タスク名や日程などの情報を入力し、作業スケジュールを追加していこう。担当者の名前や作業の優先順位なども忘れず記録。
日程表に進行状況を記銀。達成率もグラフイカルに表示される。全体の作業状況を確認して、スムーズに業務を進めよう。

PDF文書を作成(PrimoPdf 4.1日本語版)

PrimoPdf 4.1日本語版は、ビジネスシーンで多用する「PDF」文書を作成するツール。汎用性が高く、様々な場面で利用されているPDF形式の文書を、手軽に作成することができる。

注釈の追加も可能

PDF文書は容量が軽く、様々な環境で開ける文書形式。このソフトを使えば、そんなPDFを簡単に作成できる。印刷機能を使用して、テキスト文書や表計算ソフトのシート、ホームページなど、あらゆるものをPDF文書にして保存できる。

PDFの作成方法は、各種ソフトの印刷機能を利用するが、プリンタ自体は不要。
まずは、印刷設定で「PrimoPdf」を選択する。各種ソフトから印刷。この際、プリンタの選択欄で「PrimoPdf」を選ぶ。「PrimoPdf」の画面が表示されたら設定を選んで「PDFの作成」をクリック。

マウス操作だけで文字の入力やメールの送信ができる(Hearty Ladder)

Hearty Ladderは、バーチャルキーボードを使えば、キー入力の困難なユーザーでも長い文書を作成できるようになるツール。

マウスやジョイスティックだけで文書を制作可能

様々な事情によりキーボードでの入力が困難なユーザーは、画面上に文字入力用のキーボードを表示するHearty Ladderがおすすめ。マウスでのクリックやジョイスティックによるボタン操作で、長文の入力やメールの送信が可能になる。
まずは画面上部の入力欄を選択。続いて画面下の文字ボードをクリックし、文章を入力しよう。
予約変換や文書の保存、メールソフトでの送信用のボタンも並ぶ。

また、文書ファイルの管理もでき、ファイルの読み込みや削除の操作も。クリックしやすいメニューから可能。