おすすめ!」カテゴリーアーカイブ

多用なフォーマットに対応した(Vix)

デジカメ写真やイラストを整理して鑑賞

自分で撮影したデジカメ写真やイラストなど、フォルダにお気に入りの画像を集めている人は多いだろう。中には、複数のフォルダで画像を細かくジャンル分けしている人もいるかも知れない。しかし、そうして集めた画像も、見たいときにすぐに鑑賞できなければ意味がない。Windows標準機能のエクスブローラーでは、残念ながらスムーズに画像の閲覧ができない。ここは是非、画像を見ることに特化した無料のソフト「Vix」を使ってみたい。総合画像ビューアの実力を試したい。

メニュー
データの編集や保存、表示モードの切り替えができる。アイコン付きの操作パネル。
エクスプローラー
画像を見たいフォルダを展開できる。Windowsの純正環境に近く、使いやすい。
カタログ画面
展開したフォルダ内の画像を一覧表示できる。ここで開いた画像はスライドショーでも楽しめる。

フォルダ単位で自由に閲覧

「Vix」のインターフェースは、操作の分かりやすさに注力して作られている。そのため、豊富なアイコンを多用したり、ファイル操作ではWindows標準のエクスブローラーを踏襲している。まずはエクスブローラーで見たい画像のフォルダを開き、カタログで一覧表示。見たい画像は、ダブルクリックで拡大表示する。また、スライドショー機能を使えば、フォルダ内の画像をクリック操作無しで順番に表示できる。一時停止や速度変更も可能だ。

画像形式の変換も可能

P 開いている画像形式の変換も可能で容量の重い画像は、JPEG やPNG に変換して容量を軽くしてみよう。複数ファイルの一指変換も可能だ。
メニューの「画像」にある「フォーマット一括変換」を使用すれば、フォルダ内の全画像を一括して変換することができる。

サムネイル印刷も

サムネイル状態で画像を一覧表示すると、目当ての画像が探しやすいばかりでなく、カタログ的に複数のファイルを閲覧することもできる。 このソフトでは、このカタログ状態で印刷することも可能だ。 学術的なレポートの作成やビジネスシーンでのサンプル確認など、あらゆる場面で利用できる。

無料のアンチウィルスソフト(AVG Anti-Virus)

高速で無料のアンチウィルスソフト

情報技術が発達するのに合わせて、ウイルスも日々新しいものが発明され、年々増加。1日に4000種以上もの数にもなる。
中には「ノーガード戦法」と称してなんの対策も講じないユーザ最適化を開始するスキャンする必要のない、信頼できるデータを除外することで、スキャンの速度を高める。致命的なダメージを受ける前に、ウイルス駆除ソフトは備えておきたい。そしてオススメは高性能で永久無料というAVG Anti-Virus。使い方は簡単。

最適化を開始する方法は、スキャンする必要のない、信頼できるデータを除外することで、スキャンの速度を高めることができる。最適化処理中は、他の作業をせずにしばらく待つ。

受信メールスキャン

メーラーで受信したメールにウイルスなどが含まれていないか、自動的にチェックを行う。

常駐シールド有効化

ネットワークを通じてパソコンに流入してくるデータを監視。

全コンピュータをスキャン

パソコンのハードディスク全体をスキャンして、危険なデータを検出する。

ブラウジング前にサイトをチェック

以前のウイルススキャンソフトは、サイトにアクセスしてはじめてその危険性を察知するものが主流であった。しかし、AVG Anti-Virusなら、検索エンジンで検索したサイトが危険なものかどうかを、アクセスする前に判定してくれる。

  1. 通常どおりの検索を行う
  2. をAVG Anti-Virus導入した状態で、いつものように検索を行う。

  3. サイトの安全性を確認
  4. 安全なサイトであれば、検索結果のサイト名と共に緑色の星型のマークが表示される。

USBメモリにインストールするPortable Apps

USBメモリから起動できるお役立ちソフトが全部揃った、無料ながらゴージャスなソフトがこのPortable Apps

アプリケーションランチャー

USBメモリU S B メモリーを作成し、それをパソコンに挿入すると、自動再生機能によって「Portable Appsのアプリケーションランチャーが起動する。この画面からアプリケーションの名前をクリックすると、USBメモリにインストールされている同名のソフトが起動。また、USBメモリ内のドキュメントなどのデータをパソコンにバックアップする、といったユーティリティツールとしての機能も有している。

ランチャー
ここから起動したいアプリケーションを選択。アプリケーションはすべてUSBメモリ同梱される。
ツール
USBメモリを利用していく上で便利なお役立ち機能を多数搭載している。
USBメモリ容量表示
USBメモリの利用可能なファイル領域のうち、どのくらいを利用しているかが表示される。
  1. 規約に同意し、「Next」をクリック
  2. 表示される英文の規約に同意したら、「I accept the termas of the Licencse Agreement」にチェックし「Next」をダルク。

  3. インストール先のフォルダを選択
  4. 「Browse」をクリックし、エクスブローラウインドウでUSBメモリを指定する。

  5. USBメモリを指定したら「lnstall」をクリック。
  6. USBメモリのドライブレターが表示されていることを確認したら「Installをクリック。

  7. 「Finish」をクリック
  8. エクスプローラでUSBメモリ内部を確認
  9. StartPortableApps.exe」などのファイルがUSBメモリ内にあればOK。

USBメモリ検索、比較」などのサイトを使えば最適なUSBメモリが見つかります。

他のOS を起動できる便利な仮想PC(Sun Virtual Box)

Windows 7 は、vistaにまで今まで存在した「互換モード」が廃止され、上位エディションのみにXPを仮想PCで動かす「Virtual PC」機能が搭載されている。Sun Virtual Boxは、本家の仮想機能以上に超える快適な仮想PC 。更新頻度も多く、今や軽い3D機能にすら対応。何かの理由でウィンドウズ×Pを起動しなくてはいけなくなった場合に、このソフトを使い、Windows 7 上でX P を動かしてみよう。Windows 7 Professionalに搭載のXPモードが不要に感じるほどの高機能を搭載している。

メニュー
新規仮想PCを作成したり、読み込んだりをここから可能。
各種ボタン
仮想PCの起動、終了、新規作成などを行うボタン類が揃う
情報タブ
仮想PCのシステム構成、作成したスナップショットの確認などを行う。

新しい仮想PCの作成手順

  1. 新しく仮想PCを構築する場合は、メニューから「新規」ボタンを選んでクリック。
  2. まず最初に、仮想PCを作成するためにウイザードが起動。「次へ」をクリック。
  3. 仮想マシンの名前と、OSのタイプを選択。選んだOSに合わせて最適なシステム設定にしてくれる。
  4. メインメモリのサイズに合わせて選択。サイズはできるだけ多めの方がよい。X Pの場合、512MB以上を推奨。
  5. 初回起動の場合、「新規ハードディスクの作成」を選び、「次へ」をクリック。
  6. 途中から仮想ディスクの作成ウィザードに入る。「次へ」をクリック。
  7. ディスクを効率的に扱いたいなら、サイズによって可変する「可変サイズのストレージ」を選択し、「次へ」をクリック。
  8. インストールの最終確認になる。問題なければ「OK」を押す。
  9. Windows XP が仮想PCリストに追加されている。Windows XPのディスクをパソコンに挿入し、「起動」ボタンをクリック。

XPをインストール

仮想PCの作成手順を紹介したが、ウィンドウズのインストール自体は、実機と同じように進めていけば、Windows 7がインストールされているスペックであれば問題なく行える。
「Gest Additions」をインストールすることでとで、Virtual Box本来の性能を引き出すことができる。
Gest Additionsは、ハードウェアドライバとして、イ反想P C のパフォーマンスを最大限まで引き出すことができるドライバ。
「各種機能の切り替え」は、下のメニューから、ディスクドライブの切り替え、ISOイメージのマウント解除などを行う。
シームレスモードは、ウインドウ別ではなく、同じ画面で仮想PCとメイン画面を表示できる。
仮想PCでタスクマネージャを表示させる場合、キーボードショートカットは使えない。メニューで「Ctrl」+「Alt」+「Delete」の送信を選択。
スナップショット機能では、スナップショットで、指定した状態に簡単にロールバックできる。「仮想マシン」メニューから選択すると写真の画面になる。

人気のフリーOS(Ubntu)

Ubntuは、今もっとも活気づいているLinux系人気OS。Windowsの様にハードディスクヘのインストールもできるが、CD やUSB からインストールなしで直接起動することができます。この点が一番の特徴です。Windowsが起動しなくなった際にUbntuを使って、大事なデータを回収するなど、使い方は、さまざまです。無料のO S といえど、Windowsと基本的な操作は、それほど変わりません。使っていればすぐに慣れるでしょう。いぎという時のために、Ubntu CDを用意しておくとトラブルにも対応できます。

ウインドウズ上から起動できる

UbntuのISOデータをDVDに書き込み、ウィンドウズで読み込む。メニューがでたらディスクを「Windows にインストール」をクリック。
次に「インストールドライブ」、rインストールサイズ」などを指定し、「インストール」ボタンをクリック。OSが無事起動できればインストールの完了。なお、アンインストールはWindows上から行なえる。

ディスクから起動

UbntuのCDをパソコンに挿入しウィンドウズよりも先読みさせると、起動メニューが表示する。ここからUbntuをCD起動することができる。メニュー一番上の、「コンピュータに変更を加えないでUbntuを使ってみる」をクリック。

UbntuのCD挿入しても、Windowsが起動してしまうという人は、起動順位をBIOSで変更。BIOSは、メーカーによって画面が異なるが、「BOOT]関連の設定をみれば、どのパソコンでも起動機器の順位変更の設定ができるはず。起動機器を「CD-ROm」などに変更。UbntuをUSBメモリにデータを入れた場合は、USBメモリに変更する。

データが入ったままパーティションを分割

Ubntuには「Gparted」という非常遠い、パーティション内にデータが入ってに便利なパーティションエディタがある。Windowsのパーティション管理ソフトと異なり、パーティション以外にデータが入っている場合でも、パーティションを分割・結合することができる。「Gparted」は、性質上、UbntuをCDで起動した場合にしか使えない。また、作業するHDDの量で作業時間が変動する。

  1. Gpartedを起動し、パーティションを編集。分割する場合、メニューの「リサイズ/移動」を選択。
  2. 画面が切り替わる。スライダーをクリックし、お好みのサイズにパーティションを指定。
  3. 分割の設定を終えたら、メニュー上にあるチェックマークをクリック。パーティションの分割作業が始まる。
  4. ドライブレター(ドライブの名前)がずれる場合があるので、ウインドウズ上でドライブの設定を確実に行う。

ウインドウズが起動しなくなった場合にUbntuでデータを回収

もし何らかのトラブルで突然ウィンドウズが起動しなくなっても、UbntuのCD起動ならば、ハードディスクが破損していない限りパソコンのファイルにアクセスできる。ウィンドウズを再インストールする前に、Ubntuを使って大事なデータを回収しできる。C D 起動のUbntuの場合、Ubntu自体にデータをもちろん記録することはできない。データを退避する安全な場所がない場合、USBメモリなどを使ってデータを退避させるのがおすすめ。
「場所」クリックし、「ホームフォルダ」を選択。ウィンドウズでの「マイコンピュータ」的な役割のフォルダになる。
「場所」メニューに内蔵HDDなどが表示。クリックして中身を確認し、大事なデータをコピーする。

Ubntuを拡張

Linux でのソフト導入は、ウィンドウズと比べてあまりにも難解。しかし、Ubntuの場合は、非常に簡単。「ソフトウェアセンター」を使えば、好きなソフトを模索し、ワンクリックでインストールできる。また、ごく一部だが、ウィンドウズのようにダブルクリックで導入できるタイプのソフトもいくつかある。UbntuをCD起動以外で起動しているときに試してみるといい。