カーソルを合わせた文字の意味や訳を表示する(キングソフト辞書)

キングソフト辞書は、分からない言葉を調べたい場合、オンラインの辞書よりも手軽で高速な辞書ソフトがおすすめ。

動作が快適

仕事中に分からない言葉が現れた場合、最近はインターネット上のオンライン辞書を利用するケースが一般的。しかしそこで辞書ソフトを導入すれば、オフライン環境でも使えるうえに動作もスピーディ。カーソルを合わせるだけでも単語検索が可能。

入力欄に意味を調たい文字を入力する上部のカテゴリから翻訳モードなどに切り替られる。
「検索」ボタンをクリックすると、データベースから意味を呼び出して表示する。
また、ブラウザも簡単検索が可能で、ブラウザやエディタなどの文字情報にも連動し、マウスカーソルを合わせるだけでそのまま辞書を起動できる。

仕事中のメモに使える便利ツール(付箋帳)

付箋帳は、思い立ったことや大事なことをメモすることができる付箋ツール。

グループ分け

デスクトップに付箋を貼れるソフトは珍しくないが、このソフトの場合は実用性の面で他のツール、ソフトの追随を許さない。複数の付箋を管理、整理して、仕事の効率を高めることができる。とはいえ、操作する上で何も難しいことはない。同種のソフトの中ではかなり豊富な機能を搭載しているが、主要な機能は操作しやすいよう付箋の上部にまとめられている。カテゴリごとに作成したメモを整理するだけで、たまったタスクを消化しやすくなる。

  1. デスクトップの右端にインデックスが表示される。マウスカーソル表示されたウインドウは付箋のリスト。マウスカーソルを近づけると選択可能になるので、クリックして開く。
  2. 表示されたウィンドウには付箋のリストが表示される。右クリックメニューの「付箋の作成」で空欄の伏せんを追加できる。
  3. 作成した付箋にはタイトルやテキストを入力できる。クリックして自由に書き込みできる。
  4. 作成した付箋はデスクトップ上に表示したままにしておける。また右上の「×」をクリックするとリストに格納できる。
  5. リストには複数の付箋を格納できる。また、作成済みの付箋は、異なるカテゴリに移動することも可能。

(現在ツールのURL)が不明です。

フォトレタッチソフト(Paint.NET)

レタッチ技術をあげるために

Paint.NETは、はレタッチに必要な最低限の機能を備えたソフト。「最低限」といっても、ちょっとしたペイントソフトのようなものではなく、本格的な使用にも十分な性能。
さまぎまなフィルタ機能のほか、需要の高い「赤目補正」もしっかり搭載。レイヤーを駆使することで、「Photoshop」のような高度な操作を行うことも可能。ただし、「Framework 3.5 Service Pack 1が導入されていないと動作しないので事前にインストールしておきたい。

ツールバー
基本機能のほとんどが登録。
メイン
メインウィンドウ
加エする画像はここに表示される。
色ウィンドウ
「塗りつぶし」などで使用する色はここで設定。
レイヤーウィンドウ
レイヤーの追加やコピーなどを行う。

フィルタ、色合い調整

  • 「鉛筆スケッチ」…輪郭を鉛筆のようなタッチで描き出す。線の太さや漉さの設定
    が可能。
  • 「左右水平反転」…写真に映し出された対象の左右を入れ替える。多少、ゆがみが
    生じることもある。
  • 「ズームのぽかし」…フレームの外側から中心に向かう、集中線のような効果を与え
    る。迫力のある構図などに使おう。
  • 「セピア」…レタッチソフトでは定番の機能。同様の機能として、「ポートレイト
    のぽかし」がある。
  • 「シャープ」…画像の全体もしくは選択した範囲をシャープにする機能。ピンぼ
    けも多少は横和できる。
  • 「スタンプ」機能…シミ・そばかすなどを消すことができるほか、赤目補正も行うこ
    とができる。

初心者からプロまで幅広いニーズに応える(Photo Scape)

Photo Scapeは、初心者からプロまで幅広いユーザーをターゲットにした画像編集ソフト。

初心者も使いやすいインターフェイス

写真やイラストを加エする機会が多い人に、ぜひとも導入してほしいのがこの「Photo Scape」。レタッチはもちろん、画像に連番を付けたり、R A W データを変換したり、デスクトップをキャプチャしたりといった、じつにさまざまな機能を、これ1本でこなせてしまPhoto Scapeのもっとも基本的な機能をいくつかピックアップして、紹介。

フレームとテキスト付きの画像を作成

  1. メイン画面に画像をドラッグ&ドロップし、「ブルーム」をクリックする。
  2. 「領域を設定」にチェックを入れ、各数値を適宜設定し、ブルームの焦点を被写体の顔の中心に移動させる。
  3. 画像の一部を切り取りたい場合には、「トリミング」タブをクリックして切り抜く範囲を決め、「トリミング」ボタンをクリック。
  4. ここでは続いて、画像にテキストを追加する。「T」がふたつ重なったようなアイコンをクリック。
  5. テキストを入力したら、フォントの種頬や大きさ、色、形を設定して「OK」をクリック。
  6. 入力したテキストが反映されるので、テキスト枠の位置や形を整える。
  7. 「No Frame」と書かれた枠をクリックすることで、フレームを選択することができる。
  8. フレーム内にラインを追加したい場合は「フレームライン」をクリック。ラインの色や濃さなどを設定する。
  9. 必要に応じてフィルターなどを適用し、完成したら「保存」をクリック。

パズル風の画像を作成

  1. 画伸を読み込んだら、分割する列と行の数を設定し、「分割をクリック。
  2. 分割後の画像を保存するフォルダや画像の形式、画像の品東を決めたら「分割」をクリック。
  3. 指定した列と行に画像が分割、出力される。ファイル名には連番が付されている。

連結機能を使って2枚の画像を1枚に

  1. 左上のツリーで画像が保存されているフォルダを選択し、必要なのをメイン領域にドラッグ&ドロップ。
  2. 「市松模様」タブをクリックし、画像を並べる列の数を一覧から選ぶ。
  3. 全ての画像が、指定した列に合わせて結合される。ポートレートや画像の整理に役立てる。

フリーソフトを超越したライティングソフト「ImgBurn」

ImgBurnは、CD やDVDなど、記銀可能なメディアヘの書き込みを行うのに最も秀でたソフトがこの「ImgBurn」だ。無料とは思えない高機能。
不可能はないといっても過言ではない高性能ライティングソフトで。

リッピング機能でDVDからイメージファイルを作成。ワンクリックでISO イメージとよばれる形式にリッピングが可能。

あらゆるイメージファイルをディスクに書き込むことが可能。パソコンのハードディスクに保存されているISOイメージからディスクを作成するときもワンクリックで可能。