神経性胃炎」タグアーカイブ

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

商品概要

半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)は、漢方の原典である「金匱要略(きんきようりゃく)」に記載されている漢方薬です。気分がふさぎ、のどや食道などに何か詰まったような感じがする、動悸やめまいがする、吐き気があるといった場合の、不安神経症、神経性胃炎などに用いられます。

ツムラの漢方製剤 半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)エキス顆粒 は、「半夏厚朴湯」から抽出したエキスよりつくられた、服用しやすい顆粒タイプのおくすりです。

効能・効果

気分がふさいで、咽喉・食道部に異物感があり、動悸、めまい、吐き気などを伴う次の諸症状に。

  • 不安神経症
  • 神経性胃炎
  • つわり
  • せき
  • しわがれ声

成分

次の生薬の乾燥エキスを含有しています。
ハンゲ、ブクリョウ、コウボク、ソヨウ、ショウキョウ

用法・用量

次の量を、1日2回、食前に水かお湯で服用します。
成人(15歳以上)・・・1回に1包(1.875g)
7歳以上15歳未満・・・2/3包
4歳以上7歳未満・・・1/2包
4歳未満の小児には服用させないでください。