マウスコンピューター、「3Dマイホームデザイナー」動作確認済・公認デスクトップ

マウスコンピューーは、2014年8月、3Dマイホームデザイナー 動作確認済・公認モデルのタワー型デスクトップパソコン「LM-QH300SL6-WS-3DM」を発売。Windows 8.1モデル、Windows 7 Home Premiumモデルをラインアップし、BTOに対応しており、CPUのアップグレード、メモリーの容量アップ、およびストレージの容量変更などに対応する。

LM-QH300SL6-WS-3DM

LM-QH300SL6-WS-3DM

3Dマイホームデザイナーは、間取りから立体図まで、本格的に家づくりのシミュレーションが行えるが、多彩な機能をフルに活用するには、パソコンに高い処理能力を必要とする。マウスコンピューターの3Dマイホームデザイナー動作確認済・公認モデルでは、特にパソコンの処理能力を必要とする以下の機能も快適に動作するようカスタマイズされた専用モデル。スペックを気にすることなく思う存分「家づくり」を行える。

3Dマイホームデザイナー

CPU「インテル Core i5-4690 プロセッサー」、メモリー、8GB、ストレージ、500GB HDD、光学ドライブ、DVDスーパーマルチ、グラフィック「NVIDIA Quadro K600」、本体サイズ、幅180×奥行382×高さ373 mm、重さ、8.24kg。

  • [PR] ウィルス駆除ソフトウェア
    最新のウィルスソフトを最新版にアップデートすることでセキュリティを高めることができます。
  • [PR] Microsoft 365 Personal
    常に最新の Office アプリ、1 TB のクラウド ストレージ、メールとファイルに対する高度なセキュリティが 1 つのサブスクリプションに含まれています。