2011年春モデルの注目モデル – 東芝 dynabook R731/37B(13.3型コンパクトノート)

モバイルならR731シリーズ

ここのところ、モバイルの性能がアップしてきて13.3型をメインマシンとして活用する人が増えてきている。dynabook R731/37BはR731シリーズの上位モデルでCPUにはCore i5を搭載。標準バッテリーで11時間駆動するというのも魅力。
標準でLバッテリーを搭載している最上位モデルあれば18時間も駆動する。

13.3型で一般の携帯ノートよりひとまわり大きい。LEDバックライトを採用した薄型タイプ。明度、画質共に文句のつけようがない。
キーボードもアイソレーションタイプで、さらにキーの間に入り込むゴミを防ぐようになっている。
タッチパネルの使い勝手も上々で3本指でのマルチタッチに対応。ドライブは薄型のDVDスーパーマルチ。

dynabook R731/37Bスペック

品名
dynabook R731/37B
メーカー
東芝
OS
Windows 7 Home Premium
価格
158300円
CPU
Core i3
画面サイズ
13.3インチ
解像度(ドット)
1366×768
バッテリー駆動時間
11時間
メモリー
4GB
ドライブ
DVDスーパーマルチ
ストレージタイプ
HDD
容量
500GB
TVチューナー
なし
本体重量
1.49kg
発売時期
2011年

R731シリーズ全モデル

dynabook R731シリーズ(13.3型)全ラインアップ

[PR] ウィルス駆除ソフトウェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください