アイオーデータ – TB-OCシリーズ

コンパクトでスリムなボディーのUSBメモリー。5gと軽量なので持ち運びに便利。容量は、4GB、8GB、16GBをラインアップ。
折りたたみ式のキャップレスタイプ。マグネット内蔵で本体がピタッと閉じる。
カラーは、アクアマリンブルー、スプリンググリーン、パインイエロー、フラワーピンク、ウォームホワイト、クールブラックの6カラーをラインアップ。
全色集めたくなるPOPなカラーバリエーション。

学校やオフィス、プライベートなど様々なシーンに合わせて選べる。
USBメモリーのシリコンラバーにマグネットが内蔵されていて、デスクまわりにくっつけることが可能。
セキュリティ対策としてファイル暗号化ソフトの「Quick Secure」に対応している。

TB-OCシリーズ(アクアマリンブルー)全ラインアップ

TB-OCシリーズ(スプリンググリーン)全ラインアップ

TB-OCシリーズ(パインイエロー)全ラインアップ

TB-OCシリーズ(フラワーピンク)全ラインアップ

TB-OCシリーズ(ウォームホワイト)全ラインアップ

TB-OCシリーズ(クールブラック)全ラインアップ

バッファロー – BSMLW13シリーズ

商品概要

パソコンの消費電力を最大36%抑える節電モデル!

「BSMLW13シリーズ」は、『液晶節電モード』を搭載した地球にやさしい省電力エコマウス。画面輝度の調整により、最大約36%、パソコンの消費電力を抑えることが出来る。
また、100種類以上の機能を割り当て機能も搭載。「スタート」「コピー」「切り取り」「エクセルを開く」など、よく使う機能を割り当てることで、作業効率が劇的にアップする。

  • 幅57×奥行97×高さ38mm
  • 6カラーをラインアップ
  • (2.4GHz)レーザー式マウス
  • 1600dpi

BSMLW13シリーズ全ラインアップ

2011年秋・冬モデル 富士通 – FMV LIFEBOOK MH30/Cシリーズ(全モデル)

MH30/C FMVM30Cシリーズ

10.1型(1024×600ドット表示)の液晶を搭載するネットブックシリーズ。アーバンホワイト、モカブラック、ルビーレッドの3カラーをラインアップ。
軽量&長時間駆動が特徴。1.29kgの重量は、モバイルとしてはうれしい。電子辞書としても使え、全18種の辞書・辞典コンテンツを搭載。大容量バッテリを搭載していても、背面がスッキリとスリムでスマートなデザインに。
CPU、Atom、メモリー、1GB、HDD容量、10.5時間、ドライブ、なし、バッテリー駆動時間、10.5時間。

MH30/C FMVM30Cシリーズ全ラインアップ

シリコンパワー – Marvel M60シリーズ

シリコンパワーのャップレスのスライド式のUSB3.0対応のMarvel M60シリーズ。
容量は、32GBと64GBの2種類をラインアップ。。カラーは、シルバー。
高級感のあるメタリックデザインでアクセス状態がわかる LEDインディケーターを搭載。読込み:最大100MB/s。書込み:最大70MB/s。

Marvel M60シリーズ全ラインアップ

バッファロー – BSMOB07シリーズ

商品概要

最新世代のBluetooth®3.0 ICで、150%電池長持ちを実現したワイヤレス光学式マウス

BSMOB07シリーズ」は、Bluetooth®3.0+EDRに対応したワイヤレスマウス。最大10mの安定通信を可能にした Bluetooth® Ver3.0+EDR class2に対応。また、Bluetooth®3.0 ICを採用したことで、省電力が大幅に向上し、電池の想定使用可能時間が150%長持ちを実現。

  • 幅64×奥行38×高さ95mm
  • 6カラーをラインアップ
  • 光学式
  • 1200dpi

BSMOB07シリーズ全ラインアップ

2011年秋・冬モデル 富士通 – FMV LIFEBOOK PHシリーズ(全モデル)

FMV LIFEBOOK PH50/Eシリーズ

。ドライブを搭載しない分、軽量化が徹底されているコンパクトノートPC。
11.6型(1366×768ドット表示)のコンパクトサイズに高解像度の液晶を搭載しする。LEDバックライトで省エネも行われている。シンプルデザインの「アイソレーションキーボード」採用でキータッチの精度も向上している。
CPU、Dual-Core E350、メモリー、2GB、HDD容量、500GB、バッテリー駆動時間、7.2時間。

FMV LIFEBOOK PH50/Eシリーズ全ラインアップ

FMV LIFEBOOK PH74シリーズ

12.1型(1280×800ドット表示)の液晶を搭載するモバイル仕様。高速モバイルが行えるようWiMAXを搭載。インテルワイヤレス・ディスプレイを搭載するのでワイヤレスで大画面TVなどに出力が可能。CPU、Core i3、メモリー、2GB、ドライブ、なし、バッテリー駆動時間、13.6時間。予算に余裕があれば上位モデルのPH75/EN FMVP75EN58/プレミアブラックを選べば、着脱式のDVDスーパーマルチやストレージがSSDになる。

FMV LIFEBOOK PH74シリーズ全ラインアップ

FMV LIFEBOOK PH75シリーズ(最上位モデル)

PH75/EN FMVP75EN58…プレミアブラック
PHシリーズの上位モデルのPH75/EN FMVP75EN58。OSにはWindows 7 Professionalを採用。カラーは、プレミアブラック。12.1型(1280×800ドット表示)の液晶を搭載するモバイル仕様。高速モバイルが行えるようWiMAXを搭載。インテルワイヤレス・ディスプレイを搭載するのでワイヤレスで大画面TVなどに出力が可能。SSDで軽量、さらにバッテリー駆動時間が長くモバイルとしての機能は十分。
CPU、Core i5、メモリー、8GB、ドライブ、着脱式のDVDスーパーマルチ、バッテリー駆動時間、17.3時間。
富士通のノートPC、ネットブック、モバイル検索

人気のAVノートを比較

デジタル放送の完全移行で薄型TVが爆発的に売れた。この影響でこの頃では、家電量販店はガラガラだという情報も。日本人は、何か行動を起こすときに「皆一緒」が安心する価値観があるように思えてならない。
それは、とりあえずおいておいて、薄型TVの需要は一巡してしまった感が否めないが、地デジ対応のAVノートPCは、まだまだ注目されている。
地デジパソコンは、国産モデルがほとんど。海外メーカーが参入しないのは、日本の地デジ仕様が世界的にも特殊であるためだ。デスクトップPCのTV視聴機能が付属しているモデルは、かなり数や種類は豊富だが、ノートというとそれほど多くない。TVチューナーを基本設計の段階で組み込まなくてはならない理由からだろう。

TV機能で事前に調べておきたいのは、内蔵するチューナー、それに地デジ限定か、またはBS/CSなどの3波対応かという点。さらに、長時間録画機能の有無。という点だろう。
今回比較する4モデルでソニーのみが地デジ限定モデルになる。それでもソニーらしくダブルチューナーを搭載するので裏番組の録画が可能。衛星放送はほとんど見ない、というのであれば3波対応でなくもOKになる。
他の3モデルは、3波対応だがシングルチューナーになる。裏番組の録画は、できないので注意が必要。
東芝のモデルは、長時間録画対応になっている。
NECは外付け型のチューナーを搭載する。

CPU、メモリを比較

今回比較した4モデルは、東芝だけがCore i5であとはすべてCore i7を搭載するハイエンドモデル。TV視聴などをする場合には、スペックのいいモデルを選ぶのが一般的だ。
富士通とソニーのモデルは、メモリーを8GB搭載し余裕のスペックに。

画質を比較

AVノートの購入の決め手となるディスプレイの特徴。光沢パネルの液晶を採用するモデルが多い。屋内で使用するのであれば反射はそれほど気にならない。個人的にはNECのモデルの画像が美しい。

拡張性

AVノートといっても本来はPCとしの機能を優先するため、周辺機器などの拡張性もしっかり見ておきたい。TVの録画を考えた場合、外付けのHDDなどの増設も必要になるため拡張性はAVPCの必須条件にもなる。4モデルともHDMI端子装備で大画面などへの出力が可能。

エレコム – M-PG2DLシリーズ

商品概要

超小型レシーバを採用したワイヤレスレーザーマウス

レシーバのサイズは、USBコネクタ部分を含めても1円玉ほどの大きさという超小型サイズ。
USBポートに差し込んでしまえば、ノートPC本体から飛び出す部分は、ほんのわずか。未使用時でもレシーバをノートPC本体のUSBポートに装着したまま持ち歩いたり、保管したりできる。モバイルに最適なサイズ。

手のひらにフィットする形状で飽きのこないデザイン。
手のひらになじむスタンダードサイズ。

  • 幅50.0×奥行90.0×高さ32.0mm
  • 8カラーをラインアップ
  • レーザー
  • 800カウント

M-PG2DL全ラインアップ

エレコムのマウス、全モデルを比較