ノートパソコン 東芝

東芝、ノートパソコン(2010年冬モデル)dynabook T350、T560、R730、N510、UK、dynabook Qosmio T560、750 シリーズ

投稿日:11/29/2010 更新日:

dynabook T350 シリーズ

東芝のノートパソコンシリーズは2010年の冬モデルから全モデルの型番がアルファベット1文字と数字3桁の組み合わせに変更となった。
ダイナブックのT350シリーズは人気のA4ノートでラインアップも非常に多彩となっている。
格安の定番ノートで見た目には光沢感のあるボディーが特徴となっている。
4列配列のキーボードはエクセルなどの使用時にも能率がアップするので自宅で勉強や仕事に使うユーザーには欠かせない。
また、サウンドシステム「MaxxVolume SD」を搭載し、音質をグレードアップしている。今シーズンのA4モデルでは他メーカーも音質のグレードアップを行ったところが多いのが印象的。
液晶には、LEDバックライトを採用した1366×768ドット表示対応の15.6型ワイド液晶を採用。

T350/34Aシリーズ

CPUには、「Pentium P6100」、メモリーが2GB、ストレージが320GB HDD、ドライブがDVDスーパーマルチドライブ。

T350/36Aシリーズ

CPUには、「Core i5 460M」、メモリーが4GB、ストレージが500GB HDD、ドライブがDVDスーパーマルチドライブ。

T350/56Aシリーズ

CPUには、Core i5 460M」、メモリーが4GB、ストレージが640GB HDD、ドライブがブルーレイディスクドライブ。

dynabook T560 シリーズ

東芝のdynabook T560シリーズ。T350シリーズとの違いはボディーのデザインになる。高級感がある。落ち着いたデザインでキーボードは最近特に流行のアイソレーションタイプとなっている。注目すべき点はCPUにCore-i7を搭載している点だろう。Core-i5とは明らかに異なる体感上のスピードは心地いい。
モニターは16型の1366×768ドット表示。

CPUには、「Core i7 740QM」メモリーは4GB、光学ドライブがブルーレイディスクドライブ。

dynabook Qosmio T560 シリーズ

前シーズンまでのTVシリーズがdynabook Qosmio T560になる。格安価格帯ながら十分に満足のいくスペックが人気になっている。
デザインはdynabook Tシリーズの上位機種と近い。
落ち着いたエンボス加工とアイソレーションタイプのキーボード。地デジの視聴が可能。16型の1366×768表示。テレビ、レコーダー、パソコンの3役をこの1台でこなせるの

CPUには、「Pentium P6100」、メモリーが4GB、ストレージが500GB HDD、ドライブにはブルーレイディスク。

dynabook Qosmio T750シリーズ

東芝のdyanabookでは最上位機となるAVノート。前シーズンのモデルまでは18.4型の超大型液晶を搭載したが、今、モデルより15.6型の一般的なA4ノートサイズになっている。
「Core i5 460M」、メモリーが4GB、ストレージが640GB HDD、ドライブはブルーレイディスク。

dynabook R730 シリーズ

13.3型とわずかサイズアップをはかった液晶と、それに反比例するかのように軽量化された東芝のdynabook R730シリーズ。
CPUは若干強化されている。旧モデルでは搭載されなかったWiMaxも搭載されモバイルとしの機能が向上している。
最上位モデルはSSDモデルとなっていて満足のいくスペックが装備されている。ボディーカラーは1色のみ。

    CPUには「Core i3 370M」、メモリーが4GB、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ。

  • dynabook R730/26A
  • CPUには「Core i5 560M」、メモリーが4GB、ストレージがHDDの500GB、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ。

  • dynabook R730/27A
  • OSは、「Windows 7 Professional」CPUには「Core i5 560M」、メモリーが4GB、ストレージがHDDの500GB、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ。

  • dynabook R730/38A
  • dynabook R730/39A

N510 シリーズ

Windows(ウィンドウズ)7の代名詞とも言うべきCULV。旧dynabook MXシリーズの後継機。前シーズンにフルモデルチェンジをし高級感がプラスされた。ボディーは薄くキーボード面のメッキ調仕上げがすばらしい。11.6型とコンパクトな液晶に1366×768ドットと作業エリアが広い。

UK シリーズ

東芝のネットブックシリーズ。コンパクトサイズながらキーボードの19mmピッチを実現。ネットブックがタイプしにくいというクレームは皆無になるモデルである。東芝の全モデルに採用された、LEDバックライトを搭載し1024×600ドット表示対応の10.1型液晶を採用。WiMaxも装備。ボディーカラーは4色用意。

CPUには、「「Atom N455」」、メモリー1GB、ストレージHDDの250GB、ドライブは別売り。

-ノートパソコン, 東芝

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ASUS ROG STRIX GL503VS SCAR Edition

ASUS、15.6型 インテル Core i7-7700HQ + GeForce GTX 1070 搭載ゲーミング専用PC「ROG STRIX GL503VS SCAR Edition」

ASUSは、2017年12月、ゲーミング専用のノートパソコン「ROG(Republic of Gamers)」シリーズより15.6型の「GL503VS-EI038T」を発売。ボディーカラーは、ガンメタ …

HEC,軽量90gのプロフェッショナルゲーミングマウス「600M」

マイルストーンは、2015年5月、「COUGAR」ブランドのゲーミングマウス「COUGAR 600M Gaming Mouse」を発売。ボディーカラーは、ブラックとオレンジの2カラーを揃える。HEC …

Lenovo N24

レノボ、11.6型 Windows 10 S 搭載「Lenovo N24」

レノボは、2017年10月、教育機関向けに11.6型マルチモードPC「Lenovo N24」を発売。ボディーカラーは、ブラック。Lenovo N24

no image

マウスコンピューター、15.6型(3840×2160ドット)QFD液晶を選べる15.6型ノートPC「m-Book P MB-P930 シリーズ」

マウスコンピューターは、2014年11月、15.6型のノートパソコン「m-Book P」シリーズからエントリーモデルの「MB-P930B」とデュアルストレージ搭載モデルの「MB-P930S-SH」を発 …

Lenovo ThinkPad X270

レノボ、12.5型モバイルPC「ThinkPad X270」

レノボは、2017年2月、12.5型の高いいパフォーマンスと携帯性を兼ね備え、モバイルPCの理想を追求した「ThinkPad X270」を発売。ボディーカラーは、ブラック。Lenovo ThinkPa …