ドスパラ、17.3型 Kabylakeを搭載したCore i5 モデル「Critea VF-AGK」

ドスパラは、2017年2月、17.3型ノートPC「Diginnos Critea」シリーズから新モデルでCore i5 搭載の「Critea VF-AGK」を発売。ボディーカラーは、シルバー。

ドスパラ Critea VF-AGK

ドスパラ Critea VF-AGK

BTOによりM.2 SSDと最大2TBのHDDを同時に搭載可能。フルHD解像度の液晶ディスプレイを搭載。USB2.0に加え、最大5Gbpsの転送速度を持つUSB3.0を搭載。従来規格の2倍以上の速度を誇る「11ac」対応の、インテル製高速無線LAN搭載。

ディスプレーは、17.3型(1920×1080ドット)のフルHDワイド非光沢液晶。タッチには非対応。OS「Windows 10 Home」、CPU「インテル Core i5-7200Uモバイル・プロセッサー」、メモリー、8GB、ストレージ、1TB HDD、光学ドライブ、DVDスーパーマルチ、グラフィック「インテル HDグラフィックス620」、本体サイズ、幅 420 × 奥行 279 × 高さ 33 mm、重さ、2.8 kg。

Core i7 モデル「Critea VF-HGK」 はこちら。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加