オンキョー – 「Windows 8」搭載のタブレット端末 3モデルを発売

オンキョーは2012年11月にタブレット端末の新モデルとして21.5型の「TW21A-B36」シリーズを発売。スペックの異なる3モデルをラインアップ。
タブレットではかなり大きなサイズになるLEDバックライト搭載の21.5型(1920×1080ドット表示)のフルHD、ワイド液晶を搭載。

静電容量式10ポイントマルチタッチに対応。お好みで4方向に画面の向きを変えられるアプリケーションを内蔵しており、複数人が大画面を囲んでの同時タッチや、対面でお互いに両手でタッチしながらのコミュニケーションなど、直感的なタッチ操作が可能。

3モデルのラインアップは以下のとおり。

最上位モデル/「TW21A-B36C7」

CPUが「Core i7 3520M」、メモリー8GB ストレージが128GB SSD。

上位モデル / 「TW21A-B36C5」

CPUが「Core i5 3210M」、メモリーが8GB ストレージが64GB SSD。

下位モデル / 「TW21A-B36E8」

CPUが「Celeron B830」、メモリーが4GB 、ストレージが64GB SSD。

3モデルともディスプレーサイズをはじめとして、搭載メモリ容量、搭載CPUからしてもかなりハイスペックな構成。一般的な超低電圧版」とは一線を画す。

公式サイトはこちら

  • [PR] ウィルス駆除ソフトウェア
    最新のウィルスソフトを最新版にアップデートすることでセキュリティを高めることができます。
  • [PR] Microsoft 365 Personal
    常に最新の Office アプリ、1 TB のクラウド ストレージ、メールとファイルに対する高度なセキュリティが 1 つのサブスクリプションに含まれています。
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください