富士通 – 2013年春モデルのデスクトップPCを発売

富士通【富士通のデスクトップパソコン一覧はこちら】は、2013年2月、春モデルの新モデルを発売。

低価格&TV視聴も可能「ESPRIMO EH」シリーズ

ノートPCとほとんど変わらない価格帯を実現している20型の一体型デスクトップパソコン。TV視聴も可能(シングルチューナー)。マイクロソフトのOffice Home and Business 2013付属するので会社の仕事を持ち帰るビジネスパーソンにも最適なモデル。
ストレージは1TBあり、長時間録画対応モデルとなっているので録画・編集などにも使える。
カラーラインアップは、ホワイトモデルのESPRIMO EH30/KTW FMVE30KTW [スノーホワイト]とブラックモデルのESPRIMO EH30/KTB FMVE30KTB [オーシャンブラック]の2カラー。

スペックは、20型(1600×900ドット表示)のワイド液晶、OS、「Windows 8」、CPU、「AMD E2-1800 APU」、メモリー、4GB、ストレージ、1TB HDD、光学ドライブ、DVDスーパーマルチ搭載、本体サイズ、幅485×奥行172高さ360 mm、重さ、5.2kg。Office Home and Business 2013付属。

上位モデル23型フルHD/下位モデル21.5型フルHD「ESPRIMO FH」シリーズ

23型のフルHD大型ディスプレーを搭載する上位モデルと21.5型のフルHDディスプレーを搭載するFHシリーズは、上位モデルと下位モデルのスペックでラインアップ。2012年の秋・冬モデルからの後継モデルになっているがOSは最新の「Windows 8」を搭載。フルHDのディスプレーは、フレームとパネルの境目がない美しいフォルムに仕上げた「フルフラットファインパネル」。静電気防止コートでお手入れもしやすい。

上位モデル

最上位モデルのFMV ESPRIMO FH98/JD FMVF98JDは、タッチ対応モデル。 FH77/JDシリーズの2モデルはタッチ未対応。
OS、「Windows 8」、CPU、「インテル Core i7-2670QM プロセッサー」、メモリー、8GB、ストレージ、3TB HDD、光学ドライブ、ブルーレイ搭載、本体サイズ、幅565×奥行234×高さ435 mm。

下位モデル

ベテランユーザーに人気のセパレートタイプのデスクトップPC

拡張性が高く、ベテランユーザーに長い間人気を集めている富士通の「DHシリーズ」。2012年秋・冬モデルからの後継モデル。デスクトップタイプは、ほとんどが液晶一体型モデル【富士通の液晶一体モデル一覧はこちら】になっている中セパレートタイプも健在。
CPUにCore i5を搭載するDH54/JとCore i7を搭載する上位モデルのDH77/Jの2機種をラインアップ。
下位モデルは、ディスプレーが20型(1600×900ドット表示)で光学ドライブがDVDスーパーマルチ。上位モデルは、ディスプレーが24型のフルHDで光学ドライブは、ブルーレイ。

  • [PR] ウィルス駆除ソフトウェア
    最新のウィルスソフトを最新版にアップデートすることでセキュリティを高めることができます。
  • [PR] Microsoft 365 Personal
    常に最新の Office アプリ、1 TB のクラウド ストレージ、メールとファイルに対する高度なセキュリティが 1 つのサブスクリプションに含まれています。
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください