富士通 – 液晶一体型「FHシリーズ」(2014年夏モデル)

富士通は、2014年5月、液晶一体型のでスクトップPC「FMV ESPRIMO FHシリーズ」の新モデルを2機種発売。下位スペックの「FMV ESPRIMO FH52/R FMVF52RW」と上位スペックの「FMV ESPRIMO FH78/RD FMVF78RDB」をラインアップする。

FMV ESPRIMO FH78 RD FMVF78RDB

FMV ESPRIMO FH78 RD FMVF78RDB


下位スペックは21.5型のタッチには非対応のフルHD。スノーホワイト。上位スペックは、23型のタッチ対応フルHD。シャイニーブラック。2モデルとも次世代高速無線LAN「IEEE 802.11ac」に対応する。

上位スペックは、「HybridCast(ハイブリッドキャスト)」に対応し、これによりSNSとの連携や好みのカメラアングルの選択など、TV機能の楽しみ方が広がります。また、従来から搭載していた「視線アシスト」の機能を強化し、マウスのホイールをクリックすると視線の先のアイコンや文字を拡大表示でき、キーボードを使わない新しい使い方を提案。

FMV ESPRIMO FH52/R FMVF52RW スペック

ディスプレーは、LEDバックライト付きの21.5型(1920×1080ドット)のフルHDワイドIPS液晶。OS「Windows 8.1」、CPU「インテルR Celeron プロセッサー 1005M」、メモリー、4GB、ストレージ、1TB、光学ドライブ、DVDスーパーマルチ、グラフィック「インテル HD Graphics(CPUに内蔵)」、本体サイズ、幅515×奥行175×高さ40 mm、重さ、7.1kg。「Microsoft Office Home and Business 2013」付属。

FMV ESPRIMO FH78/RD FMVF78RDB スペック

ディスプレーは、LEDバックライト付きの23型(1920×1080ドット)のフルHDワイドフルフラットパネルIPS液晶。タッチ対応。OS「Windows 8.1」、CPU「インテル Core i7-4710MQ プロセッサー」、メモリー、8GB、ストレージ、3TB、光学ドライブ、ブルーレイ、グラフィック「インテル HD Graphics 4600(CPUに内蔵)、本体サイズ、幅571×奥行201×高さ431 mm、重さ、10.8kg。「Microsoft Office Home and Business 2013」付属。

[PR] ウィルス駆除ソフトウェア