FMV-BIBLO LOOX U/G90B

富士通、ノートパソコン(2010年冬モデル)全ラインアップ

富士通の2010年冬モデルのノートパソコン全ラインアップと商品概要とスペック。15.6型のFMV-BIBLO LOOX U、ネットブックのLIFEBOOK MH シリーズ、13.3型のFMV LIFEBOOK SH シリーズ、11.6型のFMV LIFEBOOK PH シリーズ、18.4型のLIFEBOOK NH シリーズ、コンパクトA4ノートのLIFEBOOK LH シリーズ、A4サイズのLIFEBOOK AH シリーズをラインアップする。

FMV-BIBLO LOOX U シリーズ

500g以下という超小型の富士通のモバイルノート。ジーンズなどのポケットにも収納できるサイズ。液晶は5.6型という超小型でも文字の縮小、拡大が可能。スマートフォンよりは、パソコン機能より。バッテリー駆動時間は4時間。液晶はWindows(ウィンドウズ)タッチに対応。付属のスタイラスペンによる操作も可能。メールチェック、ウェブ閲覧のみに絞った限定的な使い方であれば十分な仕様。

LIFEBOOK MH シリーズ

富士通のLIFEBOOK MHシリーズ。パソコンのデザインとしては珍しい丸みを帯びているのが特徴。2010年夏モデルからの継続モデルとして販売。丸みを帯びているためかわいい外観が印象的。また、ネットブック独特の安っぽさを感じられないのも丸。無線LANとWiMAXを搭載。液晶ディスプレイは1366×768ドット表示対応の10.1型ワイド。
CPUには、「Atom N475」、メモリー1GB、ストレージは250GB HDD。

FMV LIFEBOOK SH シリーズ

13.3型ワイド液晶のFMV LIFEBOOK SHシリーズ。上位モデルとの差はCPUのスペックのみ。ビジネス向きのモバイルノートとなる。富士通のモバイルノートは従来から液晶の縁を小さく設計しているため見た目にも非常に美しい。またDVDドライブの着脱ができる点などを考えるとモバイル用途にコンセプトを絞っている印象。USB3.0端子も1つ装備。

SH560/3Bシリーズ

PUには、「Core i3 370M」、メモリー4GB、ストレージが640GB HDD、光学ドライブが着脱式のDVDスーパーマルチドライブ。

FMV LIFEBOOK PH シリーズ

富士通のFMV LIFEBOOKPHシリーズは下位モデルがCULV、上位モデルが本格モバイルというラインアップになっている。DVDの視聴などよりもどちらかというとビジネス仕様に向いている。

MV LIFEBOOK PH520シリーズ

CPUには、「Athlon Ⅱ Neo K125」、2GBメモリー、320GB HDDなどを搭載する。ドライブば別売り。

PH540/1Aシリーズ

CPUには、「「Celeron SU2300」、2GBメモリー、320GB HDDなどを搭載する。ドライブば別売り。

LIFEBOOK NH シリーズ

18.4型という大画面の液晶を搭載するTVノートパソコン。2つめの液晶「タッチスクエア」を装備するのが最大の特徴。タッチ操作に対応している。テレビ、音楽、辞書の検索等が行える。ウェブカメラを利用して人感センサー機能も搭載した。大画面ならではの使い方としてDVDを鑑賞したり、ゲームをしたり、というのにはかなり定評がある。ノートパソコンもサウンドにこだわりを意識するようになり、スピーカーは5つ搭載する。底面にはサブウーファーまで内蔵。DTS社の技術をで立体的なサウンドを実現している。

CPUには、「Core i5 560M」、、メモリーが4GB、ストレージが750GB HDD、光学ドライブがブルーレイディスクドライブ。

LIFEBOOK LH シリーズ

富士通のコンパクトA4ノート。通常のA4ノートというと15.6型~16型が一般的だが、女性にも持ち歩けるノートを!というコンセプトから14型を採用しているシリーズ。カラーは細かい粒子が目立つパール塗装が特徴。キーボードの配列などは一般的だがコンパクトサイズのためテンキーは装備しない。

LH520/3Bシリーズ

CPUには、「Turion II P540」、メモリーが2GB、ストレージが500GB HDD、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ。

LH700/3Bシリーズ

CPUには、「Core i3 370M」、メモリーが4GB、ストレージが640GB HDD、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ。

LIFEBOOK AH シリーズ

富士通のノートパソコンLIFEBOOKでラインアップ数は一番のAHシリーズ。今シーズンよりデザインを一新してリニューアルしている。まずは下位モデルからの紹介。下位モデルはAH530シリーズとなる。AHシリーズの中ではスタンダードモデルと位置づけている。特徴はなんといってもコストパフォーマンス。デザインはシンプルだが天板にはアルミニウムなどを採用しており見た目にも美しい。USB3.0端子は装備していないので注意したい。4列のテンキーはもはやノートパソコン、モバイルの定番装備となった。

AH 530/1Bシリーズ

CPUには、「Celeron P4600」、メモリーが4GB、ストレージが640GB HDD、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ。TV機能はなし。

AH530/3Bシリーズ

CPUには、「Core i3 370M」、メモリーが4GB、ストレージが640GB HDD、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ。TV機能はなし。

AHシリーズの上位モデルの紹介。ボディーなどは高級感たっぷりで見た目で下位モデルとの差があるのがわかる。新型のキーボードは最近、スタンダードになりつつある4列のフルサイズ。オフィス製品などの扱いが多い人には欠かせない。
USB3.0端子も備え文句なしのA4ノートスペックといえる。

AH550/5Bシリーズ

1366×768ドット表示対応15.6型ワイド液晶搭載。4列テンキー付きフルサイズテンキーボードは使い勝手が上々。エコ化もさらにすすんで人を感知して自動で電源をON/OFFできる「人感センサー対応Webカメラ」を搭載。CPUには、「Core i5 560M」、メモリーが 4GB、ストレージが640GB HDD、光学ドライブがブルーレイディスクドライブ。

AH700/5Bシリーズ

CPUには、「Core i5 560M」、メモリーが 4GB、ストレージが750GB HDD、光学ドライブがブルーレイディスクドライブ。

地デジ視聴可能モデル

    3D対応の高輝度LEDバックライト液晶を搭載している。CPUには、「Core i5 560M」、メモリー4GB、ストレージが750GB HDD、光学ドライブがブルーレイディスクドライブ

  • AH570/5BM
  • 高輝度LEDバックライト液晶を搭載地上デジタルTVチューナーを搭載したモデルとなる。CPUには、「Core i3 370M」、メモリーが4GB、ストレージが640GB HDD、光学ドライブがブルーレイディスクドライブ。

  • AH550/3BT
[PR] ウィルス駆除ソフトウェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください