漢方薬が注目されている理由

複雑化してる現代人の病態をリセット

医療は、年々進歩し、発達し、臓器移植さえも普通に行われる時代になりました。難病もたくさんの人によって研究されています。

それでも漢方薬の需要が増えているのは、どうしてでしょうか?伝統的な薬の有効性があらためて見直されています。
現代人の病態が非常に複雑になってきたということです。現代のように生活に追われるような生活が当たり前になってくると、ストレスを受ける場面が増え、1人の人間にさまざまな症状が複合的に重なっています。

西洋医学では、症状ひとつひとつに薬が処方され、症状が増えるたびに薬が増えているのが現状です。漢方薬の場合には、複合的な症状に対して原因をさぐり、すべての症状が改善されていきます。

漢方薬が注目される二つ目の理由に西洋医学に比べて副作用が少なく、安心して服用することができることです。
西洋医学では、化学薬剤を使用しますが、漢方薬は、自然の生薬の組み合わせによるものです。また、何千年も前から多くの医師や関係者が研究して害のあるもの、ないものをきちんと区別しています。

3つ目の理由は、現代の診療のシステムが専門領域に細分化されているため、患者がそれぞれの症状ごとにたらいまわしにされている現状があります。
動悸がすれば、循環器を紹介され、頭痛がすると、脳神経外科、めまいがすれば、耳鼻科へと複雑化すればするほどたくさんの科にかからなくてはなりません。
原因を特定する際に、トータルで総合的に診てほしいのが患者の心情です。

現代医療は、検査データに基づいて診療方針を決めていきます。血液検査や、レントゲンなどでは、明確に数値化されます。
現代医学では、ヘモグロビンが基準値より下がっていなければ貧血と診断しませんが、ヘモグロビンは正常値でも元気がない。という診断をするのが漢方です。
血液データは正常でも元気がない。という症状であれば、漢方が最適でしょう。

このように漢方と西洋医学のよいところを上手に組み合わせて診断していくことがこれからのベストの医療となっていくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください