目の病気

角膜(かくまく)は眼球の前方にある黒目を覆う薄くて透明な膜で、角膜炎とは、この透明で薄い膜に炎症が起こった状態の総称です。角膜炎とひとくちにいっても、軽症のものから重症のものまでさまざまで、すぐに改善されるものから、失明に至ってしまう ...

目の病気

ものもらいには「霰粒腫」(さんりゅうしゅ)と「麦粒腫」(ばくりゅうしゅ)という2種類があります。こちらでは、麦粒腫(ばくりゅうしゅ)についてのはなしをします。

まつげの生え際やまぶたの内側には、マイボーム腺という脂や汗を出 ...