角膜炎

角膜(かくまく)は眼球の前方にある黒目を覆う薄くて透明な膜で、角膜炎とは、この透明で薄い膜に炎症が起こった状態の総称です。角膜炎とひとくちにいっても、軽症のものから重症のものまでさまざまで、すぐに改善されるものから、失明に至ってしまうものまであります。それぞれの原因によって治療法も違ってくるので、専門医の診療を受けましょう。

角膜はとても薄いため、ちょっとした刺激で傷つきやすいのです。目にゴミが入ったりしてこすったり、コンタクトレンズを長時間使用したりすると、細かい傷がつくことがあります。

角膜には細菌などが目の中に侵入することを防ぐはたらきがあるのですが、外傷やコンタクトレンズによる細かい傷、ドライアイなどによって角膜が傷つくことで、細菌やカビなどの微生物に感染しやすくなり、炎症を引き起こしやすくなります。

私たちの目の表面というのは常に涙で覆われていて、外部からの刺激や異物から守られているので、もしも異物や微生物が外部から目の表面に付着したときには、ある程度なら涙の作用によって洗い流されています。しかし、涙が少なくなっていると角膜が傷つきやすくなり、感染しやすくなることが角膜炎の原因となります。ほかにも、ヘルペスウイルスの感染や、紫外線なども角膜炎を引き起こす原因となることがあります。

角膜炎の症状には、目がゴロゴロする、目が充血する、涙がでる、まぶたが腫れる、目が痛むなどがあります。放っておくと、視力が低下したりする可能性もあるので、異常を感じたら、早めに医師の診察を受けましょう。

漢方薬で角膜炎の症状を改善する

角膜炎は軽症のものから重症のものまであるので、眼科の専門医の診断を受けましょう。そのうえで、漢方薬では次のような薬を試してみます。