排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)

概要

排膿散及湯(ハイノウサンキュウトウ)は、排膿散と排膿湯を合方した製剤で化膿症に使用します。清熱、解毒、去痰、排膿のはたらきをもつ方剤です。
疼痛を伴う化膿性の皮膚および口腔、咽喉の腫物に対し、排膿の目的で用いられます。化膿性の皮膚病のほか、歯肉炎や歯槽膿漏などにも用いられます。
皮膚の発赤や腫れを鎮め、治りを良くします。

JPS製薬の漢方製剤 排膿散及湯エキス錠は、体力にかかわらず服用できる漢方薬です。
漢方処方である排膿散及湯(はいのうさんきゅうとう)の生薬を抽出して、乾燥エキスとした、服用しやすい錠剤です。化膿性の皮膚疾患、歯肉炎、扁桃炎を改善します。炎症を鎮めて、膿(うみ)を排出するはたらきがあります。

排膿散及湯の成分は、枳実(キジツ)、芍薬(シャクヤク)、甘草(カンゾウ)、桔梗(キキョウ)、大棗(タイソウ)、生姜(ショウキョウ)の6種類の生薬です。
キジツやシャクヤク、カンゾウなどは炎症や痛みをやわらげます。キキョウには排膿を促す作用があります。

また、添加物として、二酸化ケイ素、カルボキシメチルセルロースカルシウム、ケイ酸アルミニウム・ヒドロキシプロピルスターチ・セルロース、ステアリン酸マグネシウム、乳糖水和物が含まれています。

効能・効果

排膿散及湯は消炎・排膿の作用があり、化膿の初期または軽いものに用いられます。おもに皮膚や粘膜の化膿性疾患に適しています。化膿性皮膚疾患、歯肉炎、扁桃炎など。

用法・用量

1日3回、次の量を食前または食間に、水またはお湯で服用します。食間とは、食後2~3時間を指します。

  • 成人(15才以上) ・・・1回に3~6錠
  • 7才以上15才未満 ・・・1回に2~3錠
  • 7才未満 ・・・服用できません

※小児に服用させる場合は、保護者の指導のもとに服用させてください。