桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)

桂枝加朮附湯(ケイシカジュツブトウ)は、体力が低下している人の頭痛や寒気、排尿障害、手足の関節痛や腫れなどを使用目標に、慢性の神経痛やリウマチ、関節炎、手足や顔面のマヒなどを治療するために用いられる漢方薬です。

桂枝湯(ケイシトウ)に蒼朮(ソウジュツ)と附子(ブシ)を加えた処方です。桂枝湯は、汗が出やすくて、顔色があまりよくない、虚証タイプの人に向けた軽い散剤ですが、これに燥性で発散性の蒼朮と附子を加えたものが、この桂枝加朮附湯です。

桂枝加朮附湯には、主薬の桂皮をはじめとした、次の7種類の生薬のエキスが含まれています。
桂皮(ケイヒ)、芍薬(シャクヤク)、蒼朮(ソウジュツ)、大棗(タイソウ)、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)、附子(ブシ)

穏やかな発汗作用のある桂皮、痛みを和らげる芍薬、余分な水分を取り除く蒼朮、緩和作用のある甘草、体をあたため痛みをとる附子などが配合されています。

JPSの桂枝加朮附湯は、体内の湿毒を除き、全身の血行をよくし、体をあたためながら痛みを緩和する漢方薬です。桂枝加朮附湯エキスを、飲みやすく錠剤にしています。

冷え症で、手足の関節や筋肉が腫れて痛み、曲げ伸ばしが困難な人に使用します。尿量が減少して、冷えると調子の悪さが増したり、マヒ感がある人にも使用します。

効能・効果

関節痛や神経痛の改善。
体をあたため、水分の代謝を良くすることで、手足の痛み、しびれ、関節痛などの症状を改善していきます。体力が無く、冷え症で、寒さや冷たさによって症状が増悪する人に適しています。

用法・用量

次の量を1日3回、食前または食間に水か白湯で服用します。

  • 大人(15歳以上)・・・1回4錠
  • 7歳以上15歳未満・・・1回3錠
  • 5歳以上7歳未満・・・1回2錠

※5歳未満の幼児には服用させないでください。

▼ 桂枝加朮附湯 エキス錠(ジェーピーエス製薬)の詳細、購入についてはこちら。