四十肩・五十肩

四十肩・五十肩は、医学的には「肩関節周囲炎」と呼ばれる病気です。40歳代、50歳代と発症する年齢が違うので呼び方も違いますが、どちらも同じ加齢による現象です。中高年になったら、多くの人に発症する可能性があります。

原因ははっきりとわかっていませんが、加齢に伴い、肩関節のまわりにある筋肉、腱の老化、肩周辺の組織がかたくなるなどの変化が起こることで、炎症や痛みが起こるものと考えられています。

40歳を過ぎる頃から、肩に重圧感、コリや痛みが現れるようになり、そうしているうちに、肩の動きが悪くなります。日常生活の中では、例えば、髪を整えようとしたり、シャツを着ようとした時に痛くて肩が上げられなかったりします。

症状として、肩の周辺から指先まで、突然に激しい痛みが発生し、痺れるような激しい痛みが数日間~数週間くらい続きます。その後、激しい痛みから鈍い痛みに変わりますが、肩が動かしにくくなります。一般的には、数週間から6ヶ月くらいで症状は軽減していきますが、関節の動く範囲は狭くなってしまいます。

激しい痛みのある時は、必要に応じて鎮静剤などを利用し、安静にして過ごしましょう。鈍い痛みに変わり落ち着いてきたら、少しずつ動かすように心がけましょう。そして、冷えると痛みが強くなることがあるので、肩関節を冷やさないようにすることが大切です。

痛みが繰り返し起こる場合や、痛みがひどい場合には、違う病気が潜んでいる可能性もありますので、早めに医師の診察を受けたほうがよいでしょう。

普段から猫背の人は、重心が前のめりになって体にゆがみが生じやすいため、四十肩・五十肩のリスクが高まります。猫背になりやすい人は、普段から正しい姿勢を意識するとよいでしょう。
また、体の冷えや精神的なストレス、睡眠や食事といった毎日の生活習慣が不規則なことも良くないといわれているので、気をつけましょう。

漢方薬で四十肩・五十肩の症状を改善する

痛みを和らげ、自然治癒力を高めていく意味で、次のような漢方薬が考えられます。