じんましん

じんましんでは、強いかゆみが起こり赤い発疹ができます。発疹は、赤みを伴って扁平(へんぺい)に隆起した円形や楕円形、地図状などに見えます。かゆいところをかくと、ミミズ腫れのようになります。こうした症状の多くは一過性のもので、数時間ほどで、痕が残らずに消えます。しかし、なかには慢性化するものもあります。皮膚に生じるアレルギー反応のひとつで、皮膚の中の細胞からヒスタミンという物質が出るために起こります。慢性じんましんは、原因がはっきりしない場合がほとんどです。

原因については、食べものや薬剤、細菌・ウイルスの感染、血液疾患、物理的刺激、精神的ストレスなどいろいろなものが考えられます。食べものや薬剤が原因となる場合はアレルギー性のことが多く、原因となる食べものを食べたり、薬剤を服用することで、繰り返し症状があらわれます。物理的刺激が原因となる場合は、軽度の圧迫、機械的刺激、温熱または寒冷、日光にあたることや発汗することなどによって起こります。しかし、それ以外の場合は、じんましんが出るしくみははっきりとわかってはいません。

急性じんましんは、発疹が一過性のもので、痕を残さず消えることが診断のポイントとなりますが、原因を調べるためには血液検査や皮膚テストがおこなわれます。物理的な刺激が原因のじんましんは、例えば腕時計や下着のゴムの締め付けといった機械的な外部からの刺激、温度変化や日光などによって誘発されるので、何が原因なのかを確認します。

症状に対しては抗ヒスタミン薬が用いられます。通常は内服薬を服用するのですが、抗ヒスタミン薬で効果がでない場合には、少量のステロイド薬を服用することもあります。

かゆみを伴う赤い発疹がある場合、虫刺されや湿疹である可能性もあります。じんましんは、虫刺されや湿疹とは治療法が異なるので、きちんと専門医の診断を受けましょう。

漢方薬でじんましんの症状を改善する

じんましんは、原因がわからないことも少なくありません。漢方では、次のような薬が考えられます。

  • 十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)
    急性や初期の皮膚疾患に広く用いられる薬です。よくじんましんができる人のアレルギー体質の改善にも使われます。
  • 葛根湯(かっこんとう)
    風邪のひき始めや筋肉痛など広く使われる薬です。初期のじんましんで、強いかゆみや赤い腫れがあり、体全体が熱っぽくて寒気があるときに効果的です。
  • 八味地黄丸(はちみじおうがん)
    高齢者によく発症する乾燥性の蕁麻疹に用いられます。のどが渇く、トイレが近いといったタイプの人に向いています。