変形性関節症

関節に痛みが起こる原因は、スポーツなどで関節に負担がかかったときや傷めたとき、病気では関節リウマチや感染性関節炎、痛風などによるものといろいろありますが、日本人に最も多く発症しているのは、変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)です。

変形性関節症は、関節の軟骨がすり減ったりすることで痛みや腫れが起こり、関節が変形することもある病気です。

関節軟骨は、骨と骨との間にあってクッションの役割や滑らかな動きを可能にしている組織なのですが、変形性関節症では、軟骨がすり減るために滑らかな動きができなくなって骨と骨に摩擦が生じ、痛みが出ます。関節に炎症が起こったり水分(関節液)が溜まって、腫れてしまうこともあります。さらに、骨にも影響が及び、軟骨の下の骨が硬くなったり突起ができたりして、関節に変形が起こります。そして、そのまま放っておくと、関節の動きが悪くなることもあるのです。

変形性関節症は、首や肩、肘(ひじ)、手・足の指、脊椎、股(また)、膝(ひざ)と、全身のさまざまな関節に起こります。なかでも特に多くの人を悩ませているのが、体を支え体重の負荷がかかる膝や股に起こる関節症で、日常生活に支障をきたすこともあります。
膝に起こるものを変形性膝関節症、股に起こるものを変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)と呼びます。膝関節や股関節に炎症が起こると、座ったり立ち上がったり、階段の昇り降りなどのときに痛みが起きて、動くのが苦痛になります。

年齢を重ねるに連れて発症する人が増えてきますが、これには、年齢とともに筋力が弱くなり関節にかかる負担が大きくなることや、長年にわたり関節を使い続けて関節の軟骨がすり減ってきたことなどが関係していると考えられます。ただし、スポーツ選手など特定の関節を使い続けた場合では、若い人でも発症することがあります。また、太っていると膝関節や股関節にかかる負担が大きくなるため、変形性関節症が起こりやすくなります。肥満に気をつけましょう。

漢方薬で変形性関節症の症状を改善する