桂枝茯苓丸 ( けいしぶくりょうがん )

桂枝茯苓丸 ( けいしぶくりょうがん ) は、滞った血の巡りを良くすることで下半身に熱を巡らせ、足の冷えなどを感じる人の生理痛を改善していきます。

血行が悪いために黒ずんでしまった肌(シミ)や、アザが治りにくい場合にもよいし、うっ血により肩がこりやすい人、頭痛・頭重がある人にもよいです。

温かいものは上にあがり、冷たいものは下へ降りる性質があるため、上半身はのぼせ、下半身は冷えるという状態になるのを改善していきます。

桂枝茯苓丸 ( けいしぶくりょうがん ) 商品概要

桂枝茯苓丸 ( けいしぶくりょうがん ) は、漢方の原典である『金匱要略(きんきようりゃく)』に記されている漢方薬です。

比較的体力があり、のぼせ、下腹部痛、めまい、頭重などの症状を伴う、月経不順や月経異常、更年期障害などに用いられます。

ツムラの漢方製剤 桂枝茯苓丸 ( けいしぶくりょうがん ) エキス顆粒 は、 「 桂枝茯苓丸 」 から抽出したエキスよりつくられた、服用しやすい顆粒のおくすりです。

成分

次の生薬の乾燥エキスを含んでいます。
桂皮(ケイヒ)、芍薬(シャクヤク)、桃仁(トウニン)、茯苓(ブクリョウ)、牡丹皮(ボタンピ)

桂枝・芍薬・桃仁・牡丹皮が組み合わさって、血液の循環を良くし、痛みをとめる働きをしています。利尿作用がある茯苓は、水滞からくるめまいや悪心などに対し働きます。

効果・効能

比較的体力がある人で、ときに下腹部痛、肩こり、頭重、めまい、のぼせ、足の冷えなどを訴える次の諸症状に。

  • 月経不順
  • 月経異常
  • 月経痛
  • 更年期障害
  • 血の道症
  • 肩こり
  • めまい
  • 頭重
  • 打ち身(打撲症)
  • しもやけ
  • しみ

用法・用量

次の量を、1日2回、食前に水またはお湯で服用します。
成人(15歳以上)・・・1回に1包(2.5g)
7歳以上15歳未満 ・・・1回に2/3包
※ 7歳未満の小児には服用させないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください