柴朴湯(さいぼくとう)

商品概要

柴朴湯(サイボクトウ)は、ぜんそくや気管支炎などに用いられる処方です。咽喉、食道部の異物感、動悸、めまい等の症状を伴うぜんそくや気管支炎などに。発作が起きないかと気にするようなタイプで精神的に不安症状がある場合に用いられます。

ぜんそくには麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)などの処方も効果的ですが、ぜんそくは心因性がからむことがあるので、そういう時に柴朴湯(さいぼくとう)を用いると良いでしょう。気分が停滞しているときにおすすめです。

マツウラ(松浦漢方)の柴朴湯エキス細粒は、漢方薬が苦手な人にものみやすい細粒のおくすりです。スティックタイプのため、持ち運びにも便利になっています。

効果・効能

気分がふさいで、のどや食道部に異物感があり、動悸、めまい、吐き気などを伴う次の諸症状に。

  • 小児ぜんそく
  • 気管支ぜんそく
  • 気管支炎
  • せき
  • 不安神経症

成分

次の生薬のエキスを含んでいます。
柴胡(サイコ)、人参(ニンジン)、半夏(ハンゲ)、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)、厚朴(コウボク)、黄岑(オウゴン)、蘇葉(ソヨウ)、大棗(タイソウ)、茯苓(ブクリョウ)

用法・用量

次の量を1日3回、食前または食間に水かお湯で服用します。(食間とは食後2~3時間のことです)

  • 大人(15歳以上)・・・1回に1包(2.0g)
  • 15歳未満7歳以上・・・2/3包(1.3g)
  • 7歳未満4歳以上・・・1/2包(1.0g)
  • 4歳未満2歳以上・・・1/3包(0.7g)
  • 2歳未満・・・1/4包(0.5g以下)

※小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。また、1歳未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、やむを得ない場合にのみ服用させてください。

▼ 柴朴湯エキス細粒 松浦漢方 の詳細、購入についてはこちら。

柴朴湯(さいぼくとう)」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 漢方薬一覧

  2. ピンバック: 妊娠中・出産後の不快な症状

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください