麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)

商品概要

麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ)は、漢方の原典である「傷寒論(しょうかんろん)」に記載されている漢方薬です。小児ぜんそくや気管支ぜんそくで、ゼイゼイいって呼吸が苦しかったり、せき込んでしまうような場合に用いられます。

ツムラの漢方製剤 麻杏甘石湯 エキス顆粒は、麻杏甘石湯から抽出したエキスから製剤された、服用しやすい顆粒タイプのおくすりです。

精神的な不安を伴うぜんそくには、柴朴湯(さいぼくとう)が適しています。

効能・効果

体力がそこそこある人で、せきが出て、ときにのどが渇くものの次の諸症状に。

  • せき
  • 小児ぜんそく
  • 気管支ぜんそく
  • 気管支炎
  • 風邪

成分

次の生薬の乾燥エキスが含まれます。

  • 石膏(セッコウ)
  • 杏仁(キョウニン)
  • 麻黄(マオウ)
  • 甘草(カンゾウ)

用法・用量

次の量を1日2回、食前に水かお湯で服用します。

  • 成人(15歳以上)・・・1回に1包(1.875g)
  • 7歳~15歳・・・2/3包
  • 4歳~7歳・・・1/2包
  • 2歳~4歳・・・1/3包
  • 2歳未満・・・4/1包

※小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。また、1歳未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、やむを得ない場合にのみ服用させてください。

▼ 麻杏甘石湯 ツムラ漢方 の詳細、購入についてはこちら。

注意すること

次のような症状が出た場合は、直ちに服用を中止して医師または薬剤師に相談してください。

  • 皮ふ・・・発疹・発赤、かゆみ
  • 消化器・・・悪心、食欲不振、胃部不快感

また、次のような重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。

重篤な症状とは

偽アルドステロン症・・・尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛がする、などの症状。

麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 小児ぜんそく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください