大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)

大黄甘草湯(ダイオウカンゾウトウ)は、漢方の原典である「金匱要略」に記載されている漢方薬で、便秘、特に常習性便秘や、頭重・のぼせ・腹部膨満感・腸内異常発酵といった便秘にともなう諸症状の緩和に用いられています。

漢方薬は普通、体質の違いや体力の有り無しによって向き不向きがあるものですが、大黄甘草湯は体力の有無に関係なく服用できる薬です。

ツムラの漢方便秘薬 大黄甘草湯 エキス細粒は、大黄甘草湯から抽出したエキスからつくられた、服用しやすい細粒タイプの便秘薬です。大黄(ダイオウ)、甘草(カンゾウ)の2種類の生薬の乾燥エキスが含まれています。

効能・効果

便秘、便秘にともなう頭重・のぼせ・食欲不振・腹部膨満感・腸内異常発酵・痔・ふきでものなどの症状の緩和。

用法・用量

次の量を、1日2回、食前にお湯または水で服用します。
成人(15歳以上) 1回1包 (1.875g)
15歳未満7歳以上 1回2/3包
7歳未満4歳以上 1回1/2包
※4歳未満の幼児には服用させないでください。また、小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

漢方便秘薬 大黄甘草湯 ウチダの大甘丸は漢方処方にしたがって,生薬粉末を配合して丸剤としたものです。