黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)

黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)は、小建中湯に黄蓍を加えたもので、虚弱体質で疲れやすい人の汗が出やすい、皮膚がただれるなどの症状に用いられます。

商品概要

サンワの黄耆建中湯エキス錠は、漢方処方「黄耆建中湯」の水製エキスを服用しやすい細粒にしたものです。

効果・効能

体力虚弱で、疲労しやすいものの、次の諸症状

  • 虚弱体質
  • 病後の衰弱
  • ねあせ
  • 湿疹
  • 皮膚炎
  • 皮膚のただれ
  • 腹痛
  • 冷え症

成分

次の生薬のエキスを含みます。
ケイヒ、タイソウ、オウギ、シャクヤク、カンゾウ、ショウキョウ
また、添加物として、乳糖、トウモロコシデンプンが含まれています。

用法・用量

次の量を、1日3回、食前または食間に服用します。(食間とは食後2~3時間後のことです)
大人(15歳以上)・・・1包
14歳~7歳・・・2/3 包
6歳~4歳・・・1/2 包
※4歳未満の幼児には服用させないこと。また、小児に服用させる場合には、保護者の監督のもと服用させてください。

1 thought on “黄耆建中湯(おうぎけんちゅうとう)

  1. ピンバック: 漢方薬一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください