苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)

商品概要

苓姜朮甘湯は、腰がひどく冷え、身体倦重感のあるものに用いる漢方薬です。体力のあまりない人の腰から下が冷えて痛み、腰が重く感じたり、尿の量や回数が多くなり、また冷えからくる夜尿症などの症状に利用されます。体をあたため、足腰の痛みをやわらげます。

成分には、生薬のブクリョウ末、ショウキョウ末、ビャクジュツ末、カンゾウ末と、水性エキスが含まれています。

効能・効果

腰がひどく冷え、身体倦重感のあるもの:腰痛、腰冷、坐骨神経痛、夜尿症、帯下

用法・用量

大人 1回4~6錠、7~13歳 1回2~3錠を、食前1時間前または空腹時に1日3回服用します。
※小児に服用させる場合には、保護者の監督のもと服用させましょう。

苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 漢方薬一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください