当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)

商品概要

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)は、手足がとても冷える人の下腹部痛や腰痛、頭痛、しもやけに効果的な漢方薬です。手足の冷えを感じ、特に足の冷えが強い場合の冷え症、しもやけ、下腹部痛、腰痛などを改善します。血液の流れを良くし、体の中から温めるはたらきがあります。

こちらのJPS製薬さんの当帰四逆加呉茱萸生姜湯 エキス錠は錠剤タイプの漢方薬ですので、生薬独自の味が苦手な人にも比較的のみやすくなっています。

15歳以上の1日の用量 12錠中に、当帰四逆加呉茱萸生姜湯エキス2.80gを含有していて、これは、次の生薬量に相当します。
当帰(トウキ)1.5g、桂皮(ケイヒ)1.5g、芍薬(シャクヤク)1.5g、木通(モクツウ)1.5g、細辛(サイシン)1.0g、甘草(カンゾウ)1.0g、大棗(タイソウ)2.5g呉茱萸(ゴシュユ)1.0g、生姜(ショウキョウ)0.5g

効能・効果

体力が中等度以下で、手足の冷えを感じ、下肢が冷えると下肢または下腹部が痛くなりやすいものの次の諸症状:
しもやけ、下腹部痛、腰痛、頭痛

用法・用量

次の量を1日3回、食前または食間の空腹時に水またはお湯で服用します。食間とは、食後2~3時間のことを指します。

  • 大人(15歳以上) 1回に4錠
  • 15歳未満7歳以上 1回に3錠
  • 7歳未満5歳以上 1回に2錠

3 thoughts on “当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)

  1. ピンバック: 夜尿症・遺尿症・虚弱体質

  2. ピンバック: アレルギー性鼻炎・花粉症

  3. ピンバック: 漢方薬一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください