四物湯(しもつとう)

四物湯(シモツトウ)は、血(けつ)が不足した「血虚」に対して処方される漢方薬です。「和剤局方」という漢方の古典医書で紹介されている処方です。血を補い、血液の流れを良くし、体を温め、肌に潤いを与える働きがあります。

「血虚」の人には、顔色が悪くツヤがない、皮膚がカサカサして潤いがない、眼が疲れる・渇く、爪の色が悪くもろい、ふらつく、動悸がする、筋肉がひきつる、月経周期が乱れるなどの症状がみられます。

四物湯が向いているのは、体力がなくて、皮膚が乾燥して色ツヤが悪く、胃腸障害のない人です。女性に用いられることが多く、生理不順、冷え症、貧血、しもやけ、しみ、血の道症(更年期障害)などを改善します。

四物湯には、次の生薬のエキスが配合されています。地黄(ジオウ)、 芍薬(シャクヤク)、 川芎(センキュウ)、 当帰(トウキ)の4種です。

体が冷えることで血液の質が衰え血液循環が悪くなります。また、強い貧血のために血液が不足し、皮膚に潤いがなくなりかさつきます。四物湯に含まれる地黄・当帰は血を補い、血液の働きを増します。芍薬・川芎はともに血液循環を良くし、うっ血を取り除きます。そして、地黄が皮膚に潤いを与えます。

一元(イチゲン)製薬の四物湯は、細粒や漢方薬独特の風味、苦味が苦手な人にも服用しやすい、錠剤の薬です。

効能・効果

貧血して皮膚に艶やうるおいがなく、腹部が軟らかくて力なく、臍の上に動悸するものに用いる。
月経不順、産前産後の体力増強、女子更年期の神経症(頭重、不眠、不安、憂うつ)

用法・用量

次の量を1日3回、食事の1時間前または空腹時に、お湯または水で服用します。
大人・・・4~6錠

▼ 四物湯(一元製薬)1,000錠 の詳細、購入についてはこちら。