柴芍六君子湯(さいしゃくりっくんしとう)

柴芍六君子湯(サイシャクリックンシトウ)は、胃腸の機能を補って、水をさばく六君子湯(りっくんしとう)に、柴胡(サイコ)と芍薬(シャクヤク)の2つを加えた処方です。

基本的には六君子湯のはたらきをもっているのですが、そこに鎮痛作用をプラスした処方であり、肝の気を巡らせストレスの影響を軽減する柴胡(サイコ)と、筋肉の緊張をやわらげ痛みを止める芍薬(シャクヤク)が加えられているので、ストレスなどが加わることによって痛みを伴う消化器疾患に対し、良い結果を得ることができるでしょう。

貧血気味で、消化力が低下して、胃もたれ・食欲不振をともなう胃腸虚弱、慢性胃炎、胃下垂、胃アトニー、胃潰瘍の回復期などに用います。また、ほかに、肝炎、肝硬変、急性膵炎などで体力が低下した場合にも用います。

柴芍六君子湯は、柴胡(サイコ)、芍薬(シャクヤク)、白朮(ビャクジュツ)、人参(ニンジン)、半夏(ハンゲ)、茯苓(ブクリョウ)、大棗(タイソウ)、陳皮(チンピ)、甘草(カンゾウ)、生姜(ショウキョウ)の10の生薬で構成されています。

用法・用量

次の量を、1日3回、食前または食間に、水かお湯で服用します。(食間とは、食後2~3時間を指します。)
大人(15歳以上):1包または2.0g
15歳未満7歳以上:2/3包または1.3g
7歳未満4歳以上:1/2包または1.0g
4歳未満2歳以上:1/3包または0.7g
2歳未満:1/4包または0.5g
※生後3ヵ月未満の乳児には服用させないでください。

▼ 柴芍六君子湯 エキス細粒G コタロー (小太郎漢方製薬)の詳細、購入についてはこちら。