荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)

商品概要

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)は、蓄膿症や慢性鼻炎、扁桃炎、にきびや湿疹などに適応します。また、そのような病気になりやすい、腺病体質を改善するのに用います。

漢方の古典といわれる中国の医書「万病回春(マンビョウカイシュン)」に記載されている漢方薬です。

クラシエの漢方製剤「荊芥連翹湯 エキス錠F」は、漢方薬でものみやすい錠剤タイプのおくすりです。次の生薬のエキスが含まれています。
荊芥(ケイガイ)、連翹(レンギョウ)、当帰(トウキ)、芍薬(シャクヤク)、川芎(センキュウ)、地黄(ジオウ)、黄連(オウレン)、黄芩(オウゴン)、黄柏(オウバク)、山梔子(サンシシ)、防風(ボウフウ)、枳実(キジツ)、甘草(カンゾウ)、薄荷(ハッカ)、柴胡(サイコ)、桔梗(キキョウ)、白芷(ビャクシ)。

効果・効能

そこそこ体力があって、皮膚の色が浅黒い人、ときには手足の裏に脂汗をかきやすく腹壁が緊張しているような人の次の諸症:
蓄膿症(副鼻腔炎)、慢性鼻炎、慢性扁桃炎、にきび

用法・用量

次の量を、1日3回、食前または食間に服用します。(食間とは食後2~3時間のことを指します)

  • 大人(15歳以上)・・・ 1回4錠
  • 15歳未満7歳以上・・・ 1回3錠
  • 7歳未満5歳以上・・・ 1回2錠

※ 5歳未満の小児には服用させないでください。また、小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

注意すること

次の場合は、直ちに服用を中止し医師または薬剤師に相談してください。

  • 皮ふ…発疹・発赤、かゆみ
  • 消化器…食欲不振、胃部不快感

まれに、次のような重篤な症状が起こることがあります。その場合、すぐに病院で診察を受けてください。
【肝機能障害による症状】・・・全身のだるさ、黄疸(皮ふや白目が黄色くなる)があらわれた場合。
【間質性肺炎による症状】・・・せきを伴い、息切れ、呼吸困難、発熱などがあらわれた場合。

▼ 荊芥連翹湯 エキス錠F(クラシエ)の詳細、購入についてはこちら。

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 漢方薬一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください