データファイルはHDDに保存

HDDの容量分気兼ねなく保存できる

パソコンの使用環境において、SSDの増設によって、「高速な起動や動作」を手に入れることができました。体感速度だけでなく高速にWindowsが動くととにかく気持ちがいいものです。しかし、このままの状態では、欲しいデータがHDD内にあり、データへのアクセスがこれまでと変わりありません。そんなときは、SSDの「マイドキュメント」フォルダーをHDDの「マイドキュメント」の場所へ移動します。この設定を行えば、SSDから起動しても、これまで利用していたHDD のマイドキュメントに直接アクセスが可能です。
さらに、データを保存する際にマイドキュメントを選ぶだけで、HDD に保存されるので、データ保フォルダとしての役割も果たせ便利です。
Windows 7とWindows vistaの場合、スタートメニューから個人用フォルダーを開き、「マイドキュメント」を移動します。移動先はHDD のシステムドライブの「ユーザー」フォルダー内の「個人用フォルダー」にあるマイドキュメントを選択します。
同様の手順で「マイピクチャ」や「マイミュージック」もHDD の同種のフォルダーを選択して移動すればいいでしょう。XPの場合は、マイドキュメントの移動だけでOKです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ