IIJmio(みおふぉん)

IIJ(インターネットイニシアティブ)のMVNOのモバイル通信サービスです。音声通話機能のあるプランは「IIJmio(みおふぉん)」という愛称で親しまれています。

余ったデータ容量の翌月繰り越しやバースト転送機能など、ユーザーの欲しいサービスをしっかり提供。全プランが複数SIMに対応していて、お得な2つの通話定額オプションも魅力的です。

270万回線を突破した格安SIM。月額1,760円でスマホが使える!高速データ通信は3GB使えて、ネットやアプリが十分楽しめます。SIM最大2枚提供(2枚目は月額440円。SMSの場合月額+154円、音声通話機能付きの場合月額+770円)。他社から番号そのまま乗り換え(MNP)も。通話定額オプションあり。

SIMの種類
音声通話機能付きSIM
音声通話SIMで3GB使用したい場合の月額料金
1,600円
通話プラン/月額料金
通話定額オプション(かけ放題)誰とでも3分&家族と10分/600円・誰とでも10分&家族と30分/830円
追加チャージ防止サービス
なし
データ容量の繰り越し
あり

docomo回線とau回線を選べる!

docomo回線の「タイプD」に、au回線の「タイプA」も選べるようになり、IIJmioはmineoに続くマルチキャリア対応です。
混雑時の下り実効速度が「0.79Mbps」とやや実力不足。混雑時のランチタイムや通勤時などの時間帯は、基本我慢です。
月額料金は他の格安SIMと比べてもかなり安価ですのでコスト重視の方にはおすすめです。
複数枚SIMを利用する場合、同一プラン内のタイプAとタイプD間でデータ量を分け合えます。これはIIJのみのサービス。複数SIM使用の予定がある人は要検討です。
IIJmio(みおふぉん)
IIJmio(みおふぉん)

代表的なモバイルルータを比較

外出先のネット通信の高速化を実現してくれる「モバイルルータ」の代表機種4機種

  • Aterm WM3600R(UQ WiMax)
  • Pocket WiFi GP02(EMOBILE)
  • docomo L-09C(NTT docomo)
  • SoftBank101SI(SoftBank)

の特徴とスペックなどを紹介。スマホ、タブレット、ノートパソコンなどのデバイスも外出先での高速ネット通信が可能になります。
通信業者、モバイルルータの数も急増してどれを選べばいいと悩んでしまうユーザーに向けた情報です。

機種名
Aterm WM3600R
Pocket WiFi GP02
外形寸法
95(W)×70(D)×12.8(H)mm
56(W)×102(H)×15.5(D)mm
重さ
約110g
約110g
駆動時間
10時間
4.6時間
プロバイダー
UQ WiMax
EMOBILE
     

機種名
docomo L-09C
SoftBank 101SI
外形寸法
64(W)×122(H)×15.9(D)mm
64(W)×100(H)×16.1(D)mm
重さ
約156g
約110g
駆動時間
8時間
3.5時間
プロバイダー
NTT docomo
SoftBank
     

バッテリー駆動時間などにもばらつきがあるので、外出先でどの程度の時間、ネット接続するかなどが選ぶ際のポイントにもなります。
料金プランは
年間継続プランで割安のプランを揃えているのが普通。プロバイダーによって利用期間や提携キャリアとの契約状況でさまざまな割引サービスを受けることも可能になるので、最新の情報はキャリアのサイトで詳細を確認してください。

  • Aterm WM3600R(UQ WiMax)…3,880円
  • Pocket WiFi GP02(EMOBILE)…3,880円
  • docomo L-09C(NTT docomo)…3,980円
  • SoftBank101SI(SoftBank)…5.505円

あとは、モバイルルータをどこで使うかと利用可能エリアにはいっているかどうかが重要です。エリアは、それぞれのウェブサイトで確認することができます。モバイルルータが生活圏で利用可能かどうかを確認することが最優先です。プロバイダーのサイトでも表示されているので確認しましょう。

プロバイダーによりキャンペーンなどのサービスを行っています。端末を無料にしたり、2ヶ月無料にしたりというお得なものもあるので、プロバイダーサイトでチェックするといいでしょう。

au(エーユー)の公衆無線LANサービス

auもソフトバンク同様、スマホの利用者は全員が無料で利用できます。iPhone4S発売当初には、まだこのサービスはAndroid搭載のスマホのみのサービスで2011年内対応予定とアナウンスしていました。現在は、iPhone 4Sでも利用可能です。

  1. safariのブックマークから「auお客様サポート」にアクセスして「iPhoneでau Wi-Fi SPOTはこちらへ」をタップ。
  2. Wi-Fi SPOTスポットのページが表示されるので、「プロファイルのインストールへ」をタップ。
  3. 一括設定プロファイルのインストールを行うには、利用規約が表示されたら「同意する」をタップ。
  4. 「インストール」をタップして「Wi-Fi SPOT」のプロフィルをインストールすれば完了。
  5. インストール後は、本体のWi-Fi機能をオンにしておけば、「Wi-Fi SPOT」のエリ内では自動的にWi-Fi接続される。auのWi-Fi SPOT検索はこちら