代表的なモバイルルータを比較

外出先のネット通信の高速化を実現してくれる「モバイルルータ」の代表機種4機種

  • Aterm WM3600R(UQ WiMax)
  • Pocket WiFi GP02(EMOBILE)
  • docomo L-09C(NTT docomo)
  • SoftBank101SI(SoftBank)

の特徴とスペックなどを紹介。スマホ、タブレット、ノートパソコンなどのデバイスも外出先での高速ネット通信が可能になります。
通信業者、モバイルルータの数も急増してどれを選べばいいと悩んでしまうユーザーに向けた情報です。

機種名
Aterm WM3600R
Pocket WiFi GP02
外形寸法
95(W)×70(D)×12.8(H)mm
56(W)×102(H)×15.5(D)mm
重さ
約110g
約110g
駆動時間
10時間
4.6時間
プロバイダー
UQ WiMax
EMOBILE
     

機種名
docomo L-09C
SoftBank 101SI
外形寸法
64(W)×122(H)×15.9(D)mm
64(W)×100(H)×16.1(D)mm
重さ
約156g
約110g
駆動時間
8時間
3.5時間
プロバイダー
NTT docomo
SoftBank
     

バッテリー駆動時間などにもばらつきがあるので、外出先でどの程度の時間、ネット接続するかなどが選ぶ際のポイントにもなります。
料金プランは
年間継続プランで割安のプランを揃えているのが普通。プロバイダーによって利用期間や提携キャリアとの契約状況でさまざまな割引サービスを受けることも可能になるので、最新の情報はキャリアのサイトで詳細を確認してください。

  • Aterm WM3600R(UQ WiMax)…3,880円
  • Pocket WiFi GP02(EMOBILE)…3,880円
  • docomo L-09C(NTT docomo)…3,980円
  • SoftBank101SI(SoftBank)…5.505円

あとは、モバイルルータをどこで使うかと利用可能エリアにはいっているかどうかが重要です。エリアは、それぞれのウェブサイトで確認することができます。モバイルルータが生活圏で利用可能かどうかを確認することが最優先です。プロバイダーのサイトでも表示されているので確認しましょう。

プロバイダーによりキャンペーンなどのサービスを行っています。端末を無料にしたり、2ヶ月無料にしたりというお得なものもあるので、プロバイダーサイトでチェックするといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください