Wi-Fi活用」カテゴリーアーカイブ

代表的なモバイルルータを比較

外出先のネット通信の高速化を実現してくれる「モバイルルータ」の代表機種4機種

  • Aterm WM3600R(UQ WiMax)
  • Pocket WiFi GP02(EMOBILE)
  • docomo L-09C(NTT docomo)
  • SoftBank101SI(SoftBank)

の特徴とスペックなどを紹介。スマホ、タブレット、ノートパソコンなどのデバイスも外出先での高速ネット通信が可能になります。
通信業者、モバイルルータの数も急増してどれを選べばいいと悩んでしまうユーザーに向けた情報です。

機種名
Aterm WM3600R
Pocket WiFi GP02
外形寸法
95(W)×70(D)×12.8(H)mm
56(W)×102(H)×15.5(D)mm
重さ
約110g
約110g
駆動時間
10時間
4.6時間
プロバイダー
UQ WiMax
EMOBILE
     

機種名
docomo L-09C
SoftBank 101SI
外形寸法
64(W)×122(H)×15.9(D)mm
64(W)×100(H)×16.1(D)mm
重さ
約156g
約110g
駆動時間
8時間
3.5時間
プロバイダー
NTT docomo
SoftBank
     

バッテリー駆動時間などにもばらつきがあるので、外出先でどの程度の時間、ネット接続するかなどが選ぶ際のポイントにもなります。
料金プランは
年間継続プランで割安のプランを揃えているのが普通。プロバイダーによって利用期間や提携キャリアとの契約状況でさまざまな割引サービスを受けることも可能になるので、最新の情報はキャリアのサイトで詳細を確認してください。

  • Aterm WM3600R(UQ WiMax)…3,880円
  • Pocket WiFi GP02(EMOBILE)…3,880円
  • docomo L-09C(NTT docomo)…3,980円
  • SoftBank101SI(SoftBank)…5.505円

あとは、モバイルルータをどこで使うかと利用可能エリアにはいっているかどうかが重要です。エリアは、それぞれのウェブサイトで確認することができます。モバイルルータが生活圏で利用可能かどうかを確認することが最優先です。プロバイダーのサイトでも表示されているので確認しましょう。

プロバイダーによりキャンペーンなどのサービスを行っています。端末を無料にしたり、2ヶ月無料にしたりというお得なものもあるので、プロバイダーサイトでチェックするといいでしょう。

au(エーユー)の公衆無線LANサービス

auもソフトバンク同様、スマホの利用者は全員が無料で利用できます。iPhone4S発売当初には、まだこのサービスはAndroid搭載のスマホのみのサービスで2011年内対応予定とアナウンスしていました。現在は、iPhone 4Sでも利用可能です。

  1. safariのブックマークから「auお客様サポート」にアクセスして「iPhoneでau Wi-Fi SPOTはこちらへ」をタップ。
  2. Wi-Fi SPOTスポットのページが表示されるので、「プロファイルのインストールへ」をタップ。
  3. 一括設定プロファイルのインストールを行うには、利用規約が表示されたら「同意する」をタップ。
  4. 「インストール」をタップして「Wi-Fi SPOT」のプロフィルをインストールすれば完了。
  5. インストール後は、本体のWi-Fi機能をオンにしておけば、「Wi-Fi SPOT」のエリ内では自動的にWi-Fi接続される。auのWi-Fi SPOT検索はこちら

softbank(ソフトバンク)の公衆無線LANサービス

ソフトバンクのサービスは、実質無料で利用できる

ソフトバンクの公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」は、次のプランに加入しているユーザーは無料で利用することができます。

  • パケットし放題フラット
  • パケットし放題フラット for スマートホン
  • パケットし放題MAX for スマートホン
  • データ定額プラン

のいずれかを利用している場合は、期間などの制限はなく無料で利用ができます。
その他のパケット定額サービスの場合には、2年間無料で利用できます。この際、2年の間に機種変更などをすれば、さらにそこから2年間、無料で利用できるため、実質無料で利用できるのです。

ソフトバンクWi-Fiスポットを利用する手順

別途申し込むは、不要になるのでスマホの接続設定だけを行えば利用できます。

  1. safariのブックマークから「MysoftBank」にアクセスしてログイン。「ソフトバンクWi-Fiスポット」のバナーをタップ。ソフトバンクWi-Fiスポットのページに移動するのでWi-Fiのアイコンをタップ。
  2. 利用規約をすすめると、一括設定プロファイルのページが表示。「インストール」ボタンをタップしてプロファイルをインストール。
  3. iPhone専用メールの差出人の名前登録画面が表示。メールの送信相手に表示する名前を入力してすすめれば完了。
  4. ソフトバンクWi-Fiスポット内でブラウザなどを開いたり、Wi-Fiをオンにすると、ソフトバンクWi-Fiスポットに接続され、自動ログインされる。ソフトバンクのWi-Fiスポットのエリア検索はこちら。