呼吸器の病気

ぜんそくは、吸い込んだ空気が肺に入るまでの道である「気道」が狭くなるために、呼吸することが苦しくなる病気です。特に、吐くときのほうが苦しくなります。気道が狭くなるのは、外気に含まれるアレルゲン(原因物質)によって、気道の粘膜が腫れたり ...

呼吸器の病気

肺炎は、肺に炎症を起こす病気で、風邪や気管支炎に続いて発病したり、直接細菌におかされて起こったりします。

昔は死亡率の高い病気として恐れられていましたが、現在では抗生物質を投与した治療で、患者の死亡率は減少しているといいま ...

呼吸器の病気

ウイルスや細菌や有毒ガスなどによって気管支の表面を覆う上皮細胞がおかされ、炎症を起こした状態を気管支炎といいます。おもな症状は咳(せき)とたんで、微熱をともなうこともあります。小児の場合では、40℃近くの高熱を出すこともあります。