循環器の病気

心臓は、絶えず収縮と拡張を繰り返し、血液を全身へと送り出しています。そして、この運動をおこなっているのが心臓の筋肉(心筋)です。心筋には、冠動脈(かんどうみゃく)というストローと同じくらいの太さの血管とその先は枝分かれしたような血管が ...

循環器の病気

脳卒中(のうそっちゅう)は、脳の血管に起こる病気です。脳卒中といえば、昔から、心疾患、悪性腫瘍(ガン)、肺炎などと共に、日本人の死因別死亡率の上位に位置し、一命をとりとめたとしても半身不随などの重い後遺症が残ってしまうことのある、恐ろ ...

循環器の病気

最高血圧の値が100未満の場合には低血圧といわれます。高血圧がさまざまな生活習慣病や重大な病気を誘発するのと比べ、低血圧はそれほど大きな問題にはなりません。症状があったとしても致命的なものにはならないために、必ずしも病気とはされていな ...